韓国との時差が昔はあったのに今はない?今は1時間と30分のどっち?

スポンサードリンク




日本から近くて、簡単に行くことができる国として、人気が高い韓国と日本の時差は、

今ではありません。

しかし、過去には日本と韓国で時差があった時期が、あったことをご存知でしょうか?

今回は、日本と韓国の時差に関する歴史について、調べてみました。

色々と考えさせられることがあるので、是非この記事を読んで、日本と韓国の時差に

ついて知ってください。

スポンサードリンク



韓国と時差が変更?昔はあったのに今はない?どういう事なの?

日本と韓国には時差がありませんが、実際に地図を広げてみると、日本と韓国の位置

ついて気になる点がありました。

位置的には、韓国の方が西にある国なので、経線の違いだけを気にして計算すると

本当は日本と韓国には、時差があることが分かると思います。

実は日本と韓国には経線を使って計算をすると、30分ほどの時差があるのです。

しかし、韓国では日本と同じ時刻を採用しているので、今は時差がないことになっています。

現在は、日本と韓国に時差がないことになっていますが、日本と韓国の間には

時差があった時代もありました。

時差があった時代には、日本と韓国には32分の時差があったそうです。

なぜ、日本と韓国は時差がなくなったのでしょうか?

 

スポンサードリンク

韓国と時差が昔と違う!?その原因と理由とは!?

 

 

なぜ日本と韓国の間にあった32分の時差は、なくなることになったのでしょうか?

日本と韓国の間の時差が、なくなったことは、戦争が大きく関係しているのです。

日本が韓国を併合した際に、1912年に朝鮮総督府から日本標準時を定めるように

設定しました。

そして、1954年に韓国の国粋主義的な大統領が、もう一度日本と32分の時差がある

標準時刻を採用して、再び日本と韓国の間に時差が発生することになったのです。

ですが、今はまた時差がなくなっています。

どうして韓国と日本の時差はなくなったのでしょうか?

実は、日本と韓国に時差がないことには「国際的基準」が、大きく関係しています。

国際的な時差の基準では、経度が15度で1時間の時差が生じるようになっているのです。

そのため、経度7.5度の差で30分の時差を設定することがあまりなく、

国際的な基準に反すると考えられ、韓国は日本と同じ時刻を設定しています。

最近また、韓国の標準時を日本と32分の時差があるものに直そうとする動きが

あったようですが、認められませんでした。

日本との間に時差が認められなかったことに関しては、複雑な思いを抱えている方も

いるようです。

  

まとめ

いかがでしたか?

今回は、日本と韓国の標準時刻に、なぜ差がないのかについて調べてみました。

日本と韓国に時差がないことは、過去の韓国併合の歴史などが大きく関係しているようです。

現在も、日本と韓国の標準時に差がないことには、国際的な標準時刻の設定の基準も大きく

関係しています。

韓国は日本からとても近く、歴史的なつながりも深い国です。

日本と韓国には悲しい歴史もありました。

しかし、お互いの国のことをもっとよく知ることで、理解を深め、より良い関係を築くことができると思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。