納豆の冷凍は栄養や味はどうなる!?栄養価はそのまま上手な保存法!

スポンサードリンク




納豆はとても安くて栄養価も高く、とても便利な食材です。

しかし、賞味期限を見てみるととても期限が短くなっています。

消費期限ではないので、少しくらいなら期限を過ぎても大丈夫かな?

と思う方もいると思いますが、できれば栄養価をそのまま、

美味しく納豆を食べたいですよね。

今回は納豆をどのように保存すると、長く保存できるのか、

冷凍庫で保存すると味や栄養はどうなるのかを調べてみました。

スポンサードリンク



納豆冷凍保存期間!味や栄養の変化について

 

納豆は、冷蔵庫以外でも冷凍して、保存することができる食材です。

冷凍で保存することによって、冷蔵庫で保存するよりも長い期間、

味を保ったまま納豆を保存することができるようになります。

納豆の味や栄養が冷蔵保存してもあまり変わらない理由は、

納豆菌という納豆の栄養を担っている菌が大きく関係しています。

実は納豆菌は、周りの温度が20℃前後になると発酵し始めますが、

それよりも涼しい温度では、発酵活動を休むという特性があるのです。

そのため、冷凍しているときは、発酵活動が穏やかになり、

味や栄養をあまり変化させずに、長い期間保存することができます。

納豆の冷凍保存が可能な期間は、1か月程度です。

1か月を過ぎると味や栄養価もどんどん落ちていくので、

1か月過ぎる前には冷凍した納豆を食べるようにしてください

スポンサードリンク

納豆の冷凍保存レンジを使う場合の注意点とは!?

納豆はどのように冷凍保存すると、1か月しっかりと味や栄養価を落とさずに

うまく保存することができるのでしょうか?

納豆の味と栄養価を変えずに保存するためには、納豆を密閉した容器

保存することがとても大切です。

納豆をパックから出して、タッパーに入れて冷凍保存するか、

パックのままラップで包みフリーザーバッグに入れて保存すると、

密閉した容器で納豆を保存することが、可能になります。

続いて冷凍保存した納豆の解凍方法を紹介します。

冷凍した納豆の一番良い解凍方法は、食べる前日くらいに冷凍保存した

納豆を冷蔵庫に移して解凍する方法です。

室内で解凍しようとすると、せっかく冷凍保存していた納豆の味や栄養価が

損なわれてしまうことに繋がるので、できれば前日から納豆の解凍を

冷凍するようにしてください。

また、レンジで加熱することも、納豆の栄養成分が減ってしまうことに繋がります。

どうしてもすぐに冷凍した納豆が食べたい!という場合は、

冷凍した納豆をレンジで20秒から30秒だけ解凍すると良いそうです。

まとめ

今回は納豆が冷凍保存することで、1か月ほど味と栄養価を保ったまま

保存することが、可能になるということが分かりました。

納豆を冷凍保存する場合は、しっかり密閉された容器で保存することが大切です。

冷凍した納豆は、味と栄養成分をできるだけ保つために室内解凍や

レンジによる解凍をするのではなく、納豆を食べる前日から冷蔵庫に移して

納豆を解凍することがお勧めです。

どうしても早く納豆が食べたくなってしまった場合でも、レンジを使った解凍は

短い時間だけに留めるようにしてください。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。