阿波踊り演舞場おすすめランキング2019!チケットやアクセス情報!

スポンサードリンク




夏の風物詩と言えば、花火大会や海水浴でしょうか?

私、阿波っ子の夏と言えば、阿波踊りしか思いつきません ^^

今や、世界中から見物客が訪れる日本を代表する夏祭りの一つです!!

小学校の頃から、秋の運動会でも、体操服で踊っておりましたので、

お囃子が聞こえると、自然と体が動いてしまいます ^^

阿波踊りは、知っているけど見たことないと言う方は、

是非、2018年の夏は、徳島の暑い夏『阿波踊り』見物を

夏のご予定に加えてください。

阿波踊りの日程は、2019年8月12日(月)~8月15日(木)です。

開催時間はこちらの通りです。
第1部が18:00~20:00
第2部が20:30~22:30

阿波踊りを見るだけじゃ物足りない!!

と言う方のために『にわか連』があります ^^

阿波踊りを知らない人でも大丈夫!

事前申し込み不要、服装もそのままでOK!

踊るのが初めての方でも、阿波踊り期間中は、

有名連の方の無料レッスンとリハーサルが受けられますので、

『同じ阿呆なら踊らなそんそん~』の通り、

演舞場へどうどうと繰り出してください。

踊って、ストレス解消して帰ってくださいね ^^

スポンサードリンク



おすすめの演舞場ランキング!2019年

私、阿波っ子のおすすめの演舞場は以下のとおりです。

①藍場浜演舞場

有料演舞場

全長:122m、8000人収容

芸能人多数出演。

JR徳島駅、バスターミナルから徒歩5分程度、交通の便が良いです。

スポンサードリンク

演舞場規模は最大で、露店もたくさん出ています。

②南内町演舞場

有料演舞場

全長:118m、5000人収容

第2部、10時頃の総踊りが最高に盛り上がります。

※特に2部のチケットが、すぐ完売するので、お早めにお買い求めください。

③紺屋町演舞場

有料演舞場

全長:104m、4500人収容

繁華街の近くなので、食事や買い物に便利です。

露店もたくさん出ています。

④市役所前演舞場

有料演舞場

全長:110m、6000人収容

徳島市役所前に設置された演舞場です。

初日、12日、17:30~開幕式が、大々的に行われます。

他の演舞場から少し距離があるので、子供連れの方は移動が大変かもしれません。

スポンサードリンク

チケット持っていない方は、無料で見られる演舞場もあります。

①両国本町演舞場

無料演舞場

全長:170m

JR徳島駅から徒歩7分程度と交通の便が良いです。

演舞場の中で、最長で、両国商店街の中に設置されています。

常時、かなりの人で賑わっていますので、お早目の場所取りをお勧めします。

②新町橋演舞場

無料演舞場

全長:110m

JR徳島駅から徒歩7分程度と交通の便が良いです。

東新町商店街の入口あたりに設置されています。

阿波踊りチケット情報2019年!阿波っ子おすすめ!

チケットは、7月1日(月)10:00~各コンビニなどで販売開始です。

全国のチケットぴあの店頭でも購入出来ます。

有料演舞場は、4カ所で、指定席と自由席があります。

自由席や当日券は、当日各会場付近で、お買い求めください。

前売り券は、S席2,000円、A席1,800円、B席1,600円、自由席900円。

当日券は、S席2,200円、A席2,000円、B席1,800円、C席1,100円。

是非、2019年の夏は、徳島で見る阿呆になってみませんか ^^

踊る阿呆に見る阿呆♪ 同じ阿呆なら踊らなそんそん~♪




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。