ホテル暮らし有名人だけの特権!?ホテル暮らしの住民票と必需品とは?

スポンサードリンク




莫大な資産があるお金持ちの人は、プールや広い庭付きのお屋敷に住み、

夏休みやクリスマスは南国の別荘で家族や友人とパーティーをして

過ごすのが当たり前だと思っていました。

そこには、お手伝いさんがたくさんいるので、掃除や買い物などの不便はありません。

しかし、テレビで大物有名人が、家を持たず高級賃貸マンションにでも暮らさず、

都心の高級ホテルで暮らしている様子を紹介していました。

ホテルなら、何でも揃って掃除もホテルの人がやり、食べる事にも不自由はありません。

そこに飽きたら、他のホテルを予約して移動するだけなので、引っ越しのような

大掛かりな準備は必要ないのです。

自分もいつか年商100億円を超える会社の経営者になりたいと、夢見ているので、

それを見ていつかホテル暮らしをしようと決意しました。

しかしそうなったら住民票は、どうなるのでしょう?

身分証明書がなくなっても困ります。

将来の夢のために、ホテル暮らしの住民票や必需品について調べました。

スポンサードリンク



ホテル暮らしで住民票はどうなるの?ホテルの住所で良いのか?

都心の高級ホテルに宿泊する事と違って、ホテル暮らしはそこのお部屋が自宅になります。

ホテルで暮らすメリットは、たくさん考えられます。

ホテル暮らしのメリット

  • 24時間ホテルのスタッフがいるので、セキュリティが安心
  • タクシーの手配や立地など、交通に不便が無い
  • コンシェルジュがいる
  • 宿泊費を払えば、他に管理費や光熱費がかからない
  • 掃除をする必要が無い

都心の高級ホテルなら、このようなメリットが考えられます。

一か月でいいからこんな夢のような暮らしがしてみたいですね。

毎日ホテルの最上階の高級レストランでディナーを食べ、

朝はホテル内のスポーツ施設で汗を流す生活に憧れます。

スポンサードリンク

しかし現実問題、本当にホテル暮らしは可能なのでしょうか?

住民票の問題は?免許証やパスポートの書き換えの時の住所は

どうしたらいいのでしょう?

調べてみたら、住民票にホテルの住所を使う事は、問題無いそうです。

したがって「住所不定」にはなりません。

しかし世間で増加中のネット難民のように、長い期間住所不定の状態が続く

住民票が抹消される可能性があります。

そうするとホテル住まいを止めてマンションを借りようと思った時に、

拒否されます。

ホテルで暮らして住民票の手続きを行えば、パスポートや

免許証の書き換えにも不都合は起こらないので安心です。

ホテル暮らしの必需品は?あると便利なグッズをご紹介!

もしもこれから、都心の高級ホテルで長期間暮らす事になったら、

持ち物は何を用意したらいいのでしょう?

住民票の心配がなくなったので、次は必需品について調べてみました。

超高級ホテルなら何でも揃うので、必需品と言うほどの物はなさそうです。

強いて言えば、ホテルのお部屋でモバイルバッテリーや、タブレットなど複数を

同時に充電するためのテーブルタップがあると便利なだという事です。

後は、クレジットカードとある程度の現金を持っていたら、

暮らしに不便は無さそうです。

ホテルで長期間暮らすなら、必要な服などがあるだけでいいようです。

必要な家具や家電はお部屋に設置されているので、買う必要はありません。

そこで調理もしないので、食器棚や調理器具も不要です。

ホテルで快適な空間を維持するには、物を増やさない事がポイントです。

まとめ

大物有名人のホテルライフに憧れて、ホテル暮らしのメリットや必需品を

調べてみました。

ホテルの住所で住民票が作れるとは、全く知りませんでした。

うらやましい反面、デメリットもあるかと思いましたが、資金的に問題が

無ければデメリットは無いようです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。