日焼け疲れの理由と回復方法!原因は紫外線?悪化させる食べ物に注意

スポンサードリンク




日焼けが気になる季節になりましたね。

年々、紫外線の刺激が強くなっている気がします。

外に長時間いると、疲労感を感じるのは私だけでしょうか?

疲労感の原因は、紫外線?

日焼け疲れの解消法や、対策についてまとめました。

その他、日焼けしてしまった時に、肌の回復を助ける食べ物と

逆に悪化させる食べ物もご紹介します!

スポンサードリンク



日焼けの回復を早める方法!自宅でできる簡単な日焼け対処法とは!?

日焼けすると、眠れないくらい炎症を起こすこともあります。

日焼けは、私たちが思う以上に肌の負担が大きいんですよね。

火傷と同じです。

または、日焼けをするような環境の下に長時間いたということは、

水分不足である可能性も高いですね。

軽い熱中症にかかると、疲労感を感じます。

日焼けをすると、疲れる理由をまとめると

・肌への大きな刺激

・水分不足

ということになります。

日焼け疲れをしないための対策は、日焼けをしないことです。

目から入る紫外線でも、疲れます。

帽子や紫外線カットの眼鏡、日焼け止めで紫外線を防止しましょう。

また長時間外にいる時は、こまめな水分補給もお忘れないようお願いいたします!

うっかり日焼けしてしまったら、肌ケアとこまめな水分補給で対処しましょう。

次に、日焼けしてしまった時の肌ケアについてご紹介します。

日焼け後の肌ケア 3ステップ!

①保冷剤をタオルで包み、日焼けした部分を冷やします。

②範囲が広い時は、タオルを氷水にしばらく浸けておき軽く絞って

スポンサードリンク

広げてから患部を冷やします。

熱を奪うことで、肌ダメージを和らげます。

③冷やし終えたら、ワセリンなどの保湿剤で、しっかりと保湿してくださいね。

日焼けを回復をする食べ物!日焼けを悪化させる食べ物がある!?

紫外線を浴びると、体内では紫外線と闘うために活性酸素がつくられます。

活性酸素は、本来は紫外線と闘うものなのですが、増えすぎると逆効果になります。

私たちの身体にシワやしみ、皮膚がんといった好ましくない影響を及ぼします。

日焼けを回復するためには、増えすぎてしまった活性酸素の量を減らす

「抗酸化物質」が、必要になります。

そこで必要になるのが、ビタミンACEです。

・ビタミンA

皮膚や粘膜を丈夫にし、がんを予防する働きがあります。

免疫力を高めてくれるので、日焼けしたら積極的に食べ物から摂取したいビタミンです。

(人参・かぼちゃ・ホウレン草・レバー・うなぎ など)

・ビタミンC

しみやソバカスなどに、直接働きかけ薄くする働きがあります。

水や熱に弱いので、さっと洗ってすぐに食べられるものがおすすめです。

(いちご・アセロラ・レモン・柿 など)

・ビタミンE

新陳代謝を高める働きがあるため、日焼け後の肌の回復を助けます。

(アボガド・オリーブ・アーモンド・いくら など)

逆に日焼けを悪化させるものとして、カフェインには注意してください。

いちごやアセロラを食べても、カフェインを含んだ飲み物を一緒にとると

ビタミンCを破壊してしまうのです。

カフェイン飲料というと、コーヒーは有名ですが緑茶・ほうじ茶・玄米茶

コーラ・栄養ドリンクにも、カフェインは含まれているのでご注意ください。

まとめ

いかがでしたか?

日焼けをして疲れるのは、それだけ肌へのダメージが大きいということなんですね。

日焼け後のいちごは、特におすすめです。

冷たく冷やしたノンカフェインの麦茶と一緒に食べましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。