予防接種で発疹!その原因と対策!いつまで続くもの?

スポンサードリンク




日本にすんでいれば、予防接種は必ず受けるものですよね。

大人になってもインフルエンザなどを気にするかたは

毎年受けられていることでしょう。

特に小さい子供の場合、体力もあるので発疹という形で

見た目にわかりやすい反応が出ることがあります。

体表に勢いよく症状が出るという反応は

体力がある証拠です。

予防接種で取り込んだ菌を体が「異物」として

排除しようとする反応です。

全身に満遍なく赤い発疹が出る反応はアレルギー反応なので

病院の受診をしましょう。

スポンサードリンク



予防接種で熱!出た原因と対策は?いつまで続くか心配・・・

先述したように、誰の目からも見てわかる勢いのある反応

体力のある比較的若い世代によく見られます。

発熱など代表的な反応です。

こういった反応も、予防接種で取り込んだ菌を

体が異物として排除しようとしている反応です。

スポンサードリンク

風邪を引いて熱が出る仕組みと同じ反応です。

インフルエンザの予防接種を受けて、

インフルエンザにかかってしまった話もあるようですよ。

必要に応じてかかりつけの病院に相談しましょう。

こういったときの対策ができるように、

普段からかかりつけのお医者様を決めておくとなお良いでしょう。

予防接種の副反応のでる原因は?出やすい体質はあるの?

そもそも予防接種の仕組みは、微量の菌を体のなかにいれることで

その菌に対する抵抗力や免疫をつけられるようにする目的があります。

目には目を、ウイルスにはウイルスをということです。

しかし、微量とはいえ菌を取り込むので、

そのときの体調や、普段から薬に反応しやすい体質の人は、

過剰に体が反応してしますうこともあります。

実際に薬が効きすぎる体質の人は、少なからずいるようです。

特に子供は臓器なども大人に比べて発達しているわけではないので

反応の出かたや程度も様々です。

本人が不調を自覚していても大人のように事細かに伝えることができないので、

予防接種後は普段と違った変化がないか注意深く見守っていきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

予防接種や薬で起こる反応は様々です。

病気の治癒という良い面もありますが、

こちらが意図しない望ましくない反応が起こることも充分にあります。

これを一般的に副作用といいます。

寝不足や疲れやストレスなどによる微妙な体調の具合も大いに関係があります。

予防接種を受ける前後はいつもよりしっかり睡眠をとるなどして

万全の体調にしておきましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。