タオルのカビや臭い対策!使用済のタオルはカビの宝庫?その理由は?

スポンサードリンク




使用済みのタオルはカビにとって、快適な住居のようなものです。

湿度や皮脂汚れがついていて、しかも蒸れている。

カビの繁殖に最適な条件が、揃いに揃った状態です。

特に、洗濯するまで湿った洗濯物を何日分も、洗濯機に入れっぱなしにしている人は

要注意です。

タオルにカビが生えると、カビ臭くなり洗濯だけではカビも臭いも除去できません。

タオルのカビは、酸素系漂白剤と熱湯消毒で除去しましょう!

ということで、タオルに発生してしまったカビを取る方法や、人体に与える影響

ついてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク



タオルにカビがなぜ?洗濯しても生えてしまう原因と対策!

タオルには、ポツポツと黒カビが発生しやすいです。

気をつけていても、何故かできてしまいます…

この黒カビどうにかならないのでしょうか?

繊維の中にまでカビは入り込んでいるため、洗濯だけで黒カビを簡単に、

除去することはできません。

カビは45度で死滅するので、タオルのカビは「酸素系漂白剤と45度以上のお湯」

やっつけてしまいましょう。

まずは、酸素系漂白剤でカビが落ちるかどうかを確かめてください。

45度くらいのお湯に、酸素系漂白剤を溶かし、30~40分浸け置きしてから

水洗いします。

漂白剤の分量は、容器に記載されている分量に従ってください。

その後普、段通り洗濯機で洗濯をし、天日干しでしっかり乾かします。

スポンサードリンク

最近できた黒カビなら、これで除去することができると思います。

それでも除去できなかった頑固な黒カビは、煮沸消毒という方法を

試してみましょう。

大鍋に水2リットルを入れ、グツグツ煮ながらカビを根絶します。

水2リットルに対し、粉末洗剤大さじ2と、酸素系漂白剤粉末小さじ1

加えてかきまぜます。

タオルは完全に浸るようにするのが、ポイントです。

タオルを入れたら沸騰後、5分程度煮沸消毒します。

菜箸やトングを使いましょう。

火をとめたら、手で触れるくらいまで、そのまま放置しておきます。

水洗いして、洗濯機で洗濯したら完了です。

タオルのカビの影響が気になる!怖い人体への影響がある!?

タオルには、ポツポツとした黒カビが生えやすいので、危機意識も薄れがちです。

カビが生えたままのタオルを使うことで、私達の人体に何かしら影響はあるのでしょうか?

すぐに影響が出るというわけではないし、影響がある・ないは、個人差がかなりあります。

赤ちゃんや高齢者、病気で免疫が落ちているなど、抵抗力が弱い人ほど

カビの影響を受けやすくなります。

皮膚の小さな傷口から、カビが入り込めば感染症になるし、肌に触れたり吸い込むことで、

肌荒れや皮膚炎、咳などのアレルギー症状が起きる可能性があります。

すぐにとは言いませんが将来的に、重大な病気につながる可能性もないとは

言い切れません。

黒カビが取れない時は、処分するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

タオルにできてしまった黒カビは、肌荒れや咳などを引き起こすことが多いです。

私も以前、急に肌荒れを起こしタオルが原因のことがありました。

毎日洗濯をしても完璧に、カビ予防するのは難しいです。

できてしまった黒カビは、酸素系漂白剤と煮沸消毒でやっつけてしまいましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。