教員が激務すぎる!?原因は部活?放課後にも何か仕事してるの!?

スポンサードリンク




小学校の教員の仕事は、超過勤務と持ち帰り仕事が当たり前なようです。

また、休日は部活・保護者対応と休みはありません。

3割を超える教員が、過労死のリスクが高まる月80時間以上の残業をしています。

しかも、残業した分の手当てが出るのではなく、一律で支払われるだけです…

これって、ブラック以外の何物でもないですよね…

それでもなぜ、小学校の教員を目指す人が多いのか?不思議に思いませんか?

多くの先生方は子供が好きで、教育に関わりたいという強い熱意を持っています。

熱意がなければ正直やってられない仕事です。

小学校の先生方の実態を知り、先生を見る目が変わりました。

先生方はとても、がんばってますね。

スポンサードリンク



教員の労働時間は?超過勤務当たり前のブラック!?実態は?

基本的には、朝8時~夕方5時までが勤務時間です。

でもやらなければならないことが、あまりにも多いため朝7時には職員室に入り、

帰宅するのもかなり遅い時間、あるいは家に持ち帰って仕事をしなければなりません。

朝から夜まで息をつく間もなく、仕事に追われているのです。

小学校時代を振り返ると、先生方は皆声も大きく元気だったけど、すごい量の仕事を

抱えていたんだなぁと改めて尊敬します。

教員がどんな仕事をしているかをまとめました。

・授業準備

授業の組み立てを考えたり、授業で使うプリントを用意したり、テストの採点など

を行います。

スポンサードリンク

・教員同士のミーティング

・行事の準備

・部活動の指導

・気になる生徒や保護者の対応

・電話、面談、保護者会など

実際学校で生徒がいる時間は生徒対応で、自分の仕事をしている時間はほとんど

ありません。

その結果、先生方は超過勤務が当たり前になっています。

 

教員の残業時間は?残業代出ないって本当!?実態はどうなの?

残業が多くても、働いた時間のお金が出れば、仕事を頑張ろう!

という力もわいてきます。

ところが教員には残業代は、支払われません。

民間の会社で残業未払いなら、ブラック会社を相手に訴えることもできます。

でも小学校の先生は、訴えることができないのです。

あらかじめ給料の4%支払うから、残業はどれだけしても払わないからね~と

給特法という法律に定められているからなんです。

この4%を具体的な数値で示すと、週に2時間弱あたりの残業代にしかなりません。

これじゃ、全然足りてませんけど!?

現段階ではこの給特法を改訂すると、先生の残業代だけで1兆円を超えてしまうそうです。

国の予算が足りず、文部省は改訂に消極的です。

現在先生方は、大きな葛藤を抱えながらも、生徒達のことを考えて頑張っておられます。

保護者も、教員の大変さを少しは理解して、モンスターペアレントになりすぎないように

心がけましょう。

まとめ

 

いかがでしたか?

小学校教員の実態を知って、本当に驚いてしまいました。

過労死リスクが高まる残業時間を超えて、働いている先生方もたくさんいます。

残業代を払う予算がないのなら、残業をしなくてもよくなるように、教員の仕事への見直しが問われるべきだと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。