豆腐の賞味期限ってどのくらい?分かりづらい消費期限との違いとは?

スポンサードリンク




味噌汁などに不可欠で、栄養もたっぷりな豆腐ですが、賞味期限は短いですよね。

今回は豆腐の賞味期限と、賞味期限と消費期限の違い、消費期限を過ぎてしまった

豆腐の処理方法について調べてみました。

是非参考にしてください。

まずは豆腐の賞味期限について紹介します。

お店などでよく売られている水と一緒にパックされている豆腐は、通常2日~3日

賞味期限になっていることが多いです。

お店によっては、1日が賞味期限になっていることや、5日が賞味期限になっている場合も

あります。

豆腐を購入する前に、よく賞味期限を確認してください。

ところで、消費期限と賞味期限の違いについてはご存知でしょうか?

消費期限は「安全に食品を食べることができる期間」、賞味期限は「美味しく食品を

食べることができる期間」です。

一文字違うだけで、全く持つ意味が異なるので覚えておいてください。

スポンサードリンク



豆腐消費期限1日過ぎ!?1日程度なら食べても大丈夫!?

 

豆腐の消費期限が1日過ぎてしまった場合、どうすれば良いのでしょうか?

消費期限が切れたしまった豆腐は、たとえ1日過ぎただけでも口にしてはいけません。

スポンサードリンク

消費期限が書かれている豆腐は、昔ながらの製法で作られています。

豆腐の保存に使われている液は、とても痛むのが早いので、加熱処理をしても

消費期限を1日過ぎてしまった豆腐は食べてはいけません。

消費期限を1日過ぎてしまうと、豆腐で食あたりをおこしてお腹を壊してしまう

こともあるのです。

豆腐の消費期限5日過ぎ!?いつまで食べられるか検証してみた!?

消費期限を過ぎてしまった豆腐…先ほど紹介したように、1日過ぎてしまった場合でも

食べない方が良いです。

豆腐の食あたりでは、お腹を壊してしまったり、ひどい吐き気に襲われたりすることが

あります。

長いとその症状が、1週間も続いてしまうこともあるようです。

1日くらい大丈夫だろうと思っても、消費期限を1日過ぎてしまった豆腐は食べたいという

気持ちを我慢して、きちんと捨てましょう。

消費期限を3日、5日も過ぎてしまった豆腐であれば…見つけたらすぐに捨てるように

しましょう。

絶対に食べてはいけません。

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は豆腐の賞味期限と、賞味期限と消費期限の違い、消費期限を過ぎてしまった豆腐の

処理方法について紹介しました。

豆腐は消費期限がとても早い食べ物です。

お店によっては1日が消費期限のものもあります。

豆腐を購入する場合は、2、3日以内に豆腐を使った料理を作るようにしましょう。

賞味期限と消費期限は持つ意味が全く違います。

多くの場合、豆腐は消費期限が記載されているのです。

豆腐は一緒に入っている液が腐りやすくなっていることが多いです。

消費期限が1日過ぎてしまったものでも、絶対に食べたりしてはいけません。

豆腐の食あたりはとても激しいので、消費期限は絶対に守るようにしてください。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。