エアコンのドライが寒い!ドライモードが2種類?電気代のカラクリとは

スポンサードリンク




皆さんはエアコンのドライ機能と、冷房機能をどのように使い分けていますか?

我が家では、雨が降っていて湿気が気になる時は、ドライにしています。

でもドライも冷房機能も、どちらもヒンヤリ冷えるため違いが分かりません…

なぜドライは除湿だけでなく、温度も下げてしまうのでしょうか?

しかも冷房に比べてドライは、電気代が高いとの噂もあります。

それぞれ1時間あたりにかかる電気代についてもまとめました。

スポンサードリンク



エアコンのドライの温度設定!ドライの上手な使い方講座!

実はドライには2種類あります。

①弱冷房除湿モード

湿度と温度を同時に下げる。

②再熱除湿モード

湿度だけを下げる。(1度冷やして湿気を外に出した後再び暖めて室内に戻す)

お使いのエアコンの種類によっては①のみ搭載のものもあります。

我が家のエアコンがそのタイプです。

弱冷房除湿モードは

①室内の空気をエアコンの中に取り込む

②冷風を出すことでエアコン内に水滴がたまる

③外に追い出す

を繰り返すことで湿気を外に追い出しています。

冷風を出すため冷房のように冷やす効果があります。

場合によっては冷房機能よりも寒くなることすらあります。

比較的最近のもので、上位モデルには②も搭載されています。

再熱除湿モードを使うと湿気を外に出すために、1度冷やした空気を再び暖めて

スポンサードリンク

室内に戻すため①のように、冷えすぎて困ることはありません。

梅雨の時期など肌寒いけど湿気をどうにかしたい!と思う時にぴったりのモードです。

室内の温度を下げずに、カラリを実現します。

エアコンのドライの電気代1時間でどの位?冷房より高いって本当!?

我が家では、5月下旬くらいからドライをつけることが多くなります。

でも不思議なことにドライは電気代が高い!という話をよく聞くのですが、

とにかくうちの電気代はものすごく安いです。

1ヶ月3千円台です。

なんでかなぁとずっと不思議に思っていたのですが、実はドライのモード

関係していたことが分かりました。

先ほどドライには2種類あるとお話ししました。

①弱冷房除湿モード

湿度と温度を同時に下げる。

②再熱除湿モード

湿度だけを下げる。(1度冷やして湿気を外に出した後、再び暖めて室内に戻す)

①の機能を使った場合1時間にかかる電気代は平均すると約4.1円。

これは1時間あたり約11円の冷房機能よりもかなり安いことになります。

半額以外ですもんね。

驚かずにいられません。

そして1番電気代が高くなってしまうのが②の再熱除湿モードで14.9円です。

冷えた空気を再び暖めるため、その分電気代がかかってしまうというわけです。

従来のドライ機能の湿度だけでなく、温度まで下げてしまうという

問題点を克服するために開発されたようです。

まとめ

いかがでしたか?

冷房機能・弱冷房除湿・再熱除湿とでは

毎日長時間エアコンをつけるならかなりの差が出ますよね。

我が家のエアコンは、古くて弱冷房除湿機能しかついていなかったから、

こんなに電気代が安いんだ!と改めて感じました。

電気代を節約するために上手に使い分けましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。