シャワーカーテンカビ予防の裏ワザとは?!重曹と洗濯機で超簡単に!

スポンサードリンク




浴槽・洗面台・トイレが一緒になっているタイプの浴室では

シャワーカーテンが欠かせません。

最近は、デザインが可愛いものもたくさん販売されていますよね♪

でも気づけばカビが…

特に上部のひだになったところがヤバいですね。

以前はめんどくさくて、カビがある程度生えてしまったら、新しいものと

交換していました。

でも半年に1度、シャワーカーテン自体を取り替えるというのは、

あまりにも、もったいないなぁ…と感じてしまいます。

今回は、魔法のお掃除パウダー重曹を使ったカビ取りや予防、洗濯機で

洗う方法などをご紹介します。

スポンサードリンク



シャワーカーテンのカビは重曹で!入浴後の簡単お手入れでカビ対策!

シャワーカーテンは、1度カビが発生すると、あっという間に広がって

しまいます。

そうならないために、日頃から入浴後にお手入れしましょう。

①シャワーカーテンについた泡や石鹸カスを冷水シャワーで洗い流す

シャンプーの泡や石鹸カスは、汚れをやっつけるイメージですが、

実はカビや雑菌のエサになります。

冷水シャワーで、汚れを落とすことで浴室全体の温度を下げます。

②シャワーカーテンは広げておき、タオルで水分を軽くふいておく

使用後の濡れたシャワーカーテンは、できるだけ広げておきます。

ひだになった部分や、重なりあった部分に水分が溜まりやすく、

カビが生えやすくなります。

スポンサードリンク

③換気扇を回す

換気扇は、浴室の湿度を下げるのに大変効果的です。

換気扇は1日中つけていたとしても、電気代は10円程度なので、

最低でも3時間はしっかりと回すようにしましょう。

浴室は水分・栄養分・温度が揃っているためカビが生えやすい環境です。

入浴後のお手入れで、カビが生えにくくすることはできます。

でもやはり、完全にカビが生えないようにするのは、不可能に近いです。

生えてしまったら、カビ取りを行いましょう。

市販のカビ取り漂白剤は、確かに効果的ではあるのですが、臭いがきつくて

気分が悪くなる人もいます。

そこでおすすめしたいのが、重曹です。

シャワーカーテンのカビは洗濯機で!詳しく洗い方をご紹介!

週に1度は、シャワーカーテンを取り外し重曹と洗濯機で、カビをこまめに

取るのがおすすめです。

洗濯機の水30リットルに対して、重曹1/2カップが目安です。

まずシャワーカーテンを取り外し、水でたっぷり湿らせたスポンジに、

直接重曹を振りかけカビをこすります。

その後、洗濯機にシャワーカーテンとタオルを1枚入れ、重曹を入れ

普通に洗濯します。

実はタオルを1枚入れるのには、深い意味があるんです!

洗濯機を回している時に、シャワーカーテンとタオルが擦れ合うため、

カビ以外の汚れも落としやすくなります。

雑巾くらいの大きさでOKです。

洗濯が終わったら、天日に干してしっかり乾かしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

シャワーカーテンは結構かさばるので、ついつい入浴後はほったらかしにしがちです。

めんどくさがらずに、入浴後の簡単なお手入れが、カビの発生を最小限に抑えます。

汚れを冷水で流す→シャワーカーテンを広げる→乾かすを習慣にしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。