トイレのつまりが重曹で解決できる!?道具を使わず治す意外な方法とは

スポンサードリンク




トイレがつまった!!

こんな経験ありませんか?

実は、重曹とお酢で解消することが出来ます。

正しい手順と解消法を紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

・準備

まずはトイレの元栓を閉めてから、水道を止めます。

ウォシュレットや温水便座を使用している場合は、電源コードも抜いてください。

感電などの原因になりますので、しっかり事前に行ってください。

重曹とお酢、お湯を準備しましょう。

分量と温度にも注意してください。

・重曹 計量カップ4分の1程度(150g)

・お酢 計量カップ2分の1程度

・お湯 便座の半分の量(温度は50℃程度)

重曹やお酢がない場合、ベーキングパウダーで代用可能です。

ベーキングパウダーをお湯と反応させるだけで、炭酸ガスが発生して、重曹と同じような

効果が望めます。

しかし、重曹より効果が薄いため、できれば重曹を購入しましょう。

ペーキングパウダーを使用する場合は、重曹の2倍の量が必要になります。

・重曹とお酢の使い方

便器に水がたまっている場合は、ある程度取り除いておきます。

水の量が多い場合、重曹とお酢を奥まで浸透させることが難しくなってきます。

また後からお湯を足すため、それを考慮した上でかきだしましょう。

水をかき出すことが出来たら、下記の順で便器内に入れましょう。

1. 重曹を振り掛ける

2. お酢を振り掛ける

3. お湯を便器の半分くらいまで入れる

4. 泡立ってきたら1時間ほど放置

放置した後すぐに水を流さないようにしましょう。

お湯を少しずつ流し込んでみましょう。

お湯がひけるようなら水を流して完了です。

スポンサードリンク



トイレつまり対処法!つまる前の早めの対策が大事!?

トイレのつまりは、なにか大きな固形物を落とす場合と、徐々につまりが進行する

パターンと2つあります。

前兆を察知して、早めに対策をすることができれば、深刻なつまりを回避すること

ができます。

ここでは、トイレつまりを起こす前の前兆、予兆、現象などをご紹介していきますので

実際のつまりの発生を事前に食い止めましょう。

スポンサードリンク

・水はタンクから正常に流れるけど、便器の流れが悪い

・水を流した時に水位が高くなる

・タンクからの水量が少ない

・水を流した後に異音がする

これらが、トイレつまりの症状です。

このような症状や前兆がある場合、早めに解決するようにしましょう。

一番効果がある対処策は、お湯を使った直し方です。

お湯を使った方法は、トイレにつまった汚物や、トイレットペーパーなどを柔らかく

してそのまま流していくという効果が期待できます。

やり方は次の3ステップになります。

1. 40℃くらいのお湯を便器にそのまま流し込む

2. 5分間隔でトイレにお湯を流し込む

3. この作業を繰り返し行う

そうすると自然に流れていきます。

前兆に気づいた時点で、早めに対策することで深刻なことにはならないでしょう。

トイレのつまりを道具を使わずに直す意外な方法がある!?

トイレットペーパーを流しすぎて詰まったというときは、まず少し時間を置いて

みましょう。

1時間ほどしばらく放置したら、トイレットペーパーが水に溶けはじめて

流しやすくなります。

その後、水位が変わっているかチェックしてみてください。

汚物やトイレットペーパーがつまり、この方法がダメだった場合は、

先ほど説明した通り、重曹やお酢をつかってみてください。

ちなみに異物が詰まってしまった場合は、ムリせず速やかに業者に

依頼するのがおススメです。

ちなみに、わたしは、以前ここに依頼しましたが、早く修理に来てもらって

助かりました~




まとめ

このようにトイレのつまりは、道具を使用しなくても直せます。

しかし、ホームセンターで売っているスッポン(ラバーカップ)が、手っ取り早くて

確実です。

家に1つ常備しておけば、つまった時にすぐに使えます。

値段も高価なものではないのでいいですよ。

仕事で、高齢の方が尿取りパットをトイレに流すことがあり、トイレつまりも

よくありました。

そんな時にも、ラバーカップが活躍してくれていましたよ。

急にトイレつまりは起こりますから、備えておくのがいいでしょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。