地震で赤ちゃんのミルクがない!?災害時に絶対必要なものと注意点!

スポンサードリンク




熊本大震災を経験した時、子供はまだ生まれてまもなくの生後半年でした。

熊本は地震が少なかったため、まさかあんなに大きな地震があるなんて、思っても

いませんでした。

当然地震に対する意識も低く、地震用の備蓄も全くありませんでした。

地震で赤ちゃんのミルクがない!

なんてことにならないように、日頃からしっかりと地震に備えましょう。

スポンサードリンク



地震で赤ちゃんに備えるべき防災グッズとは?絶対必要なもの一覧!

赤ちゃん用品が多く揃うのは、ドラッグストアです。

大きな地震が起きると、ドラッグストアのようなお店は、品物が全部床に落ちてしまいます。

近所のドラッグストアは、天井の一部が落ちてしまい3日ほど閉店状態が続きました。

いつも粉ミルクがなくなる数日前に、新しく購入していたため備蓄がなく、

私は大慌てしたのを今でも覚えています。

たまたま家から歩いてすぐのところに、産婦人科があったため電話をして、

粉ミルクを1缶購入させてもらうことができました。

ドラッグストアが数日間閉まった時は、せめて粉ミルクやオムツだけでも駐車場で

屋外販売してほしいと強く思いました。

でもどんなに腹を立てていても、開かないものは開かないんです。

つまり日頃から、数日間耐えることができる食品は、備蓄する必要があるということです。

普段から、備えておきたい備蓄品をご紹介しておきます。

赤ちゃんに絶対必要な備蓄品

※食品類は3日間分の備蓄をおすすめします。

・粉ミルク

・加熱せずに食べられるベビーフード

・ベビー用のペットボトル

(水・麦茶・経口飲料水など)

・紙オムツ

・おしりふき

・ベビー用スナック菓子

・手口ふきシート

スポンサードリンク

地震から赤ちゃんを守るための心構えと注意点とは?普段からの備えが肝心!

いつ地震があるか分からないため普段から、地震に対する心構えと対策が必要です。

部屋を普段から整理整頓

兄の部屋には、大きな姿見があったのですが、地震でメチャクチャになっていたそうです。

普段から部屋の片付けも出来ておらず、地震によりケガを負いました。

普段から地震を想定して、部屋の片付けを心がけましょう。

特にガラス類は、飛び散ると切り傷を負うため大変危険です。

家具を地震対策

部屋に倒れる恐れのある家具がある時は、地震に耐えられるよう転倒防止の

金具を取り付けるようにしましょう。

赤ちゃんが寝る部屋には、なるべく家具を置かない方が良いです。

大きな本棚があったのですが、地震対策用の突っ張り棒で、なんとか2度の

大きな地震に耐えることができました。

注意点としては緊急で家から、避難しないといけないケースも考えられます。

ガラスを踏みつけないように、長靴やスニーカーは防災の必須アイテムです。

いざという時にさっと持ち出せるように、非常袋とは別に赤ちゃんの医療に

関する貴重品を袋にまとめておきましょう。

・母子手帳

・健康保険証

・医療助成カード

まとめ

いかがでしたか?

最近あちこちで地震が起きています。

地震はいつどこで起きてもおかしくないと考えて、日頃から備蓄を心がけてくださいね。

特に大きな地震が起きると、赤ちゃん用品が揃うお店は、数日間閉店することが

多いからです。

3日分の備蓄が目安です。

大人の食糧の備蓄も3日分をお忘れなく。

最後までお読みいただきありがとうございました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。