ペットボトルに防腐剤!?これが水が腐らない理由?その真実と危険性!?

スポンサードリンク




水道水は、冷蔵庫に保存しても、5日しか日持ちしないのに

なぜペットボトルの水は、常温保存で2年も腐らないのでしょうか?

ミネラルウォーターは、自然の湧き水や地下水から採った自然の水

詰めたものだから微生物は絶対に含まれているはずですよね!?

もしかしたら、無菌状態にするために防腐剤を入れている!?

水道水みたいに塩素消毒が行われている!?

だとしたら、飲むのをためらってしまいますよね。

果たしてペットボトルの水は危険なのか、それとも安全なのか?

真実の姿に迫ります。

スポンサードリンク



ペットボトルの水は危険?その理由とは?

ペットボトルの水は、防腐剤たっぷりだから飲まないという人

私の周りには意外にたくさんいます。

彼らは口を揃えて次のように話します。

「ミネラルウォーターは、自然の湧き水や地下水から採った水だよね?
普通に考えたら水道水より微生物が多そう。腐りやすいんじゃない?」

水道水は、微生物の繁殖を抑えるために塩素消毒が行われています。

それなのに数日間しか日持ちしません。

自然から採れる水が2年も日持ちするのは、普通に考えたらおかしい

ですよね。

微生物は、水道水よりも多いはず。

そのため次のように考える人が多いのではないでしょうか?

「ペットボトルの水は、防腐剤たっぷりだから腐らない。
防腐剤たっぷりの水は、身体に悪いから飲まない」

ところが、実際はミネラルウォーターには、防腐剤は含まれて

いないんですよ!

ミネラルウォーターと表示するには

「防腐剤を加える処理を行わないこと」が条件であると

国のガイドラインに定められているのです。

スポンサードリンク

防腐剤を入れずに安心して飲める水こそが、ミネラルウォーターの

真の姿なのです。

ペットボトルの水は添加物を入れている?その真実とは?

ペットボトルの水には、防腐剤は入っていないということが分かりました。

それなのに未開封であれば、2年も日持ちするのには、きちんとした

理由があります。

厳正な管理の元で製造されているからなんですよ。

日本は他の国と比べて、殺菌処理も行われているためより安全に飲むことが

できると言われています。

私は、日本のミネラルウォーターが飲みやすいのでお気に入りなんです♪

厳正な管理の元製造されているので、元々ミネラルウォーターの中には

微生物がほとんど含まれていません。

水が腐るには3つの条件があります。

「微生物・微生物のエサとなる有機物・酸素」です。

市販のミネラルウォーターは、3つの条件を全てなるべく排除するように

製造されているため防腐剤を入れなくても腐らないのです。

ペットボトルに詰める時も、酸素が入らないように詰められているのです。

まとめ

いかがでしたか?

防腐剤を入れなくても、腐らないミネラルウォーターの秘密が

お分かりいただけたでしょうか?

長期保存が可能な市販のペットボトルの水は、災害時の備蓄

としても重宝します。

最後までお読みいただきありがとうございました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。