ディズニー仮装どこまで 2018!コスプレ期間はいつから混雑する?

スポンサーリンク
スポンサードリンク

ディズニーって、仮装が当たり前のイメージがありますよね。

実際には、何割くらいの人が仮装しているのでしょうか?

仮装してディズニーに行く時は、けっこう注意が必要です。

仮装できる期間も決まっているし、ルールも意外と多いです。

なんでもOKではありません。

仮装を楽しもうと、ディズニーに行ったのに入園拒否!

なんてことにならないよう、事前に許されている仮装について確認しておきましょう。

2018年の仮装(コスプレ)できる期間は9/10(月)〜10/31(水)までです。

ディズニーで、入園拒否されないために守るべき、仮装のルールについて

詳しくご紹介します。

ディズニー仮装はハロウィン以外は禁止!?2018 仮装する人しない人の割合は?

ディズニーでは、原則ハロウィンの仮装期間外は仮装が禁止されています。

2ヶ月近くハロウィンの仮装期間が設けられています。

禁止されている理由は、キャストやキャラクターと間違われないためです。

でも実際には、仮装期間外でもキャラクターと、同じ色のTシャツを

着ている人も見かけます。

どこまでなら許されるのでしょうか?

ディズニーが、まぁこれくらいなら仮装期間以外でも良いだろうと

OKを出している服装についてまとめました。

・ディズニー内で売られているアイテム

・キャラクターに間違われない

・肌の露出がない

・裾が長過ぎない

やりすぎてしまうと、本当に入園を拒否されてしまいますのでご注意ください。

スポンサードリンク

ところで、仮装期間中は何割くらいの人が仮装するのでしょうか?

もしかして、仮装しないと周りから浮いてしまう?

実際には、仮装する人の割合は全体の約3割程度です。

意外と少ないなぁと感じるかもしれませんが、強制でもないのに全体の3割って

かなりの人数だと思います。

ディズニー仮装はどこまで大丈夫?2018 部分仮装のルールとは?

ディズニーの仮装は意外と厳しいですね。

ディズニーは、夢の国ですからイメージを壊さないためにルールは厳しくなっています。

また防犯上の理由もあります。

顔が誰だか分からないような仮装は危険です。

ディズニーの仮装ルールで、禁止事項になっているものついてまとめました。

◆ディズニーで禁止されている仮装ルール

①ディズニーのキャラクター以外の仮装

②顔全体に色をつける

③血のりをつける

④つけ鼻・つけひげ

⑤仮面・マスク

⑥長い杖など危険なアイテム

⑦へそ出しや過度な露出

⑧引きずるほどのロングドレス

⑨全身タイツ

⑩元の顔が分からなくなるようなメイクやかつら

つけ鼻やつけひげは、お手軽アイテムなので、ついやりがちですが禁止事項なんですね。

続いては、部分仮装をする時のルールについてです。

ディズニーでは、次のような部分仮装が推奨されています。

◆ディズニーで禁止されている部分仮装ルール

①キャラクターと同じ色のTシャツ

②カチューシャ

③ぼうし

④ぬいぐるみ

ディズニー内で、売られているキャラクターのカチューシャや、帽子をかぶる仮装は

OKになっています。

これくらいなら、仮装は恥ずかしいという人でも挑戦できると思います。

まとめ

いかがでしたか?

ディズニー仮装はルールが厳しめですね。

ハロウィンならではの、ついやりがちなメイクやアイテムもNGになっています。

仮装してお出かけの際は、十分に注意してくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。