目の痙攣が止まらない!どうして!?原因と対策をご紹介!

スポンサードリンク




予期していないタイミングで、不意に目元がピクピク…

止めたいのになかなか治まってくれない困った不調ですよね。

しかも、端からみて明らかに目が痙攣していると

気を使わせてしまったり…。

見た目の印象も気になるので、できれば早めに解決したいトラブルです。

実はこのなぞの反応にも、ちゃんとした理由があるんです。

スポンサードリンク



目の痙攣の原因とストレスの密接な関係!

目の痙攣の原因はざっくりいうとストレスです。

疲労や寝不足に加えて、食生活の乱れなど、様々な要因が重なって起こります。

特に起こりやすい季節としては、立春(節分)からの3ヶ月です。

充血やドライアイなど目の不調は春の特徴といえます。

ちょうど春先は職場や学校などで

人間関係も含めた大きな環境の変化があるときにも重なります。

引っ越しや異動、クラス替えなどの人間関係の変化は

自覚しているよりもずっとストレスがかかるものなんですよ。

1度起こるとしばらく続いてしまったり、

断続的に起こったりしてしまうのでしっかり予防することが大切です。

また、明確な疾患として呼び名がつくこともありますので、

スポンサードリンク

あまりに頻繁に起きるようなら眼科にかかってみてはいかがでしょうか。

目の痙攣が下まぶたに多い理由!?効果のある食べ物は?

痙攣のしかたによって原因や対策も異なるのですが、

下まぶたに起こる痙攣は眼精疲労が大きく関連しているようです。

疲れているときにコーヒーなどのカフェインを大量に摂取すると

症状がひどくでてしまうともあるようです。

解消方法としては、セロリや春菊、ニラなどの香味野菜を意識的にとる

紫蘇(しそ)やジャスミンティーなどで気の巡りを良くすること。

何より重要なことは充分な睡眠と休息です。

週に1回、

月に1回でも充分なので、

パソコンやスマホから離れる時間を作っても良いかもしれませんね。

目が疲れると頭皮や眉間も強ばって固くなります。

眉間の少し窪んだ辺りを人差し指と中指でほぐしたり、

頭皮マッサージなどもおすすめです。

特に頭皮はツボの宝庫です。

詳しい知識がなくてもほぐせば必ずどこかのツボの刺激にもなります。

まとめ

パソコンやスマホの見過ぎは血液の消耗が激しくなり、

血液の量が低下すると目に症状が出てきてしまいます。

また、気の巡りやリンパの巡りも関連しているので、

ミントや柑橘系のアロマオイルなどを使用するのも良いでしょう。

長時間パソコンやスマホなどの画面を見続けることも避けたいので、

できれば外に出て、深呼吸する時間も意識的に取り入れましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。