赤ちゃんにホットカーペットの電磁波が心配!低温やけどの症状と対処法!

スポンサードリンク




赤ちゃんのいる状況で、ストーブを使うのは恐いですよね。

そこで赤ちゃんのいる家庭では、エアコンやホットカーペットで、

冬を乗り切ることが多いのではないでしょうか?

ホットカーペットは、とてもあったかくて気持ちいいですが、

実は赤ちゃんにはNGアイテムなんですよ。

低温やけどになったり電磁波の影響が心配だからです。

赤ちゃんが低温やけどになるとどのような症状が現れるのか?

低温やけどになった時の対処法などについてまとめました。

ホットカーペットから出る電磁波が、赤ちゃんに与える影響に

ついても調査しました!

スポンサードリンク



赤ちゃんがホットカーペットで低温やけど?症状と対処法は?

低温やけどになっても気付きにくいです。

そして、気付いた頃にはかなり症状が深刻化しています。

やけどというと熱々の熱湯を想像しますが、低温やけどは40℃〜60℃くらいの熱が

長時間皮膚に触れることで起こります。

ホッカイロやホットカーペットは、低温やけどの可能性が高いため赤ちゃんには

使わないようにしましょう。

赤ちゃんが低温やけどした時の症状を3パターンに分けました。

赤ちゃんが低温やけどした時の症状3パターン

【①無症状の状態】

赤ちゃんが、ホットカーペットで低温やけどをしても、最初の頃は赤ちゃんは

気づかないことが多いです。

【②中度のやけどの状態】

無症状から始まり少しづつ赤くなり、水ぶくれができます。

スポンサードリンク

ヒリヒリするため赤ちゃんも泣き出します。

【③重度のやけどの状態】

②の症状がさらに進むと皮膚の細胞が死んで黒くなります。

ここまで症状が進んでしまうと、治療しても跡が残ることが多いです。

赤ちゃんを低温やけどさせないことが大前提ですが、万一低温やけどに

なってしまったら、30分程度水道の水で冷やし続けましょう。

顔など水道水を流すことが難しい部分は、冷たい濡れタオルで冷やしましょう。

その後、早目に病院を受診することをオススメします。

赤ちゃんがホットカーペットで寝るのは危険?どのくらいまでなら大丈夫?

低温やけど以外に気になるのが、ホットカーペットから出ている電磁波が、

赤ちゃんに与える影響です。

どのくらいの時間なら、赤ちゃんをホットカーペットで寝せてもよいのでしょうか?

現段階でホットカーペットから、電磁波が出ていることは明らかにされています。

しかもホットカーペットから出ている電磁波は、他の家電より多いことも

分かっています!

でも具体的に、電磁波が赤ちゃんにどのような影響を与えるかについては、

まだ明らかになっていません。

発達障害や、学習障害と関係しているのではないかと疑われていますが、

実際のところは明確にはなっていません。

電磁波が与える影響が、まだ解明されていないため不安ですよね。

以上のことを考えると、やはり赤ちゃんをホットカーペットの上では

寝かせない方が良いと思います。

まとめ

いかがでしたか?

ホットカーペットが、赤ちゃんに与える電磁波の影響や、

低温やけどの可能性についてご紹介しました。

フローリングの部屋は、ホットカーペットが最強なのですが、

赤ちゃんがいる場合は使わない方がベストです。

赤ちゃんはそもそも体温が高いため、大人の感覚で着せすぎると

熱中症や脱水症状の危険もあります。

最後までお読みいただきありがとうございました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。