弘前 りんご収穫祭 2018!津軽オクトーバーフェスト 無料バス情報

スポンサードリンク




スポンサードリンク



りんご収穫祭(青森県弘前市:9/22~9/23)

りんご日本一の生産量を誇る青森県弘前市で行われる、

りんご感謝祭は年1回「りんご公園」で開催します。

りんごの実りに感謝しながら、りんごを使ったお酒、アップルパイ、

ライブなどりんご尽くしで、子供から大人まで楽しめるイベントです!

りんご収穫祭2018 開催場所

弘前市りんご公園(清水富田字寺沢)

りんご収穫祭 日時

9月22日(土)午後4時から午後8時まで

23日(日)午前10時から午後3時まで

プレイベント:9月22日(土)午前10時から午後3時まで

りんご収穫祭 アクセス情報

無料シャトルバス

【JR弘前駅4番乗り場⇔りんご公園】

JR弘前駅出発  15:30、16:00、16:30、17:00

りんご公園出発 18:30、19:00、19:30、20:00

※飲酒運転はやめてくださいね!

ためのぶ号

料金:200円 弘前駅⇔りんご公園

弘前駅発 ①9:15 ②11:00 ③13:00 ④15:00

りんご公園発 ①9:55 ②11:40 ③13:40 ④15:40

りんご収穫祭 チケット情報

・津軽オクトーバーフェストの前売りチケット(枚数限定)

1,700円分のフード・ドリンクチケット:前売り1,500円

【販売場所】 りんご公園、弘前市立観光館、まちなか情報センター、さくら野弘前店

※当日は現金もご利用できます。

 

津軽オクトーバーフェスト

9月22日(土)16:00~20:00に開催します。

地元産のクラフトビール(Be Easy Rrewingなど)の提供はもちろんのこと、

「シードル」というりんごを発行させた微炭酸のお酒が6種類

(kimori、もりやま園、GARUTSU醸造所、津軽ゆめりんごファーム、A-FACTORYなど)が

味わえます。

「シードル」は日本で最初に作られたのは、ここ弘前市です。

「シードル」の歴史を学び、風土を感じながら、現代の「シードル」を

楽しむことができます。

また、家族連れにも楽しめるように「りんごジュース」5種類が飲み比べできます。

「りんごジュース」によっては、甘み、酸味などそれぞれの特徴があり、

スポンサードリンク

自分好みの「りんごジュース」を楽しむことができます。

その他、地元のスチューベンぶどうを使ったワイン(WANO Winery)

昭和5年に創業した三浦酒造が、岩木山の伏流水と良質の酒造米で

丁寧に作った日本酒などの飲み物、青森県産のチップを使用した燻製は

お酒との相性ピッタリなど、地元にこだわった食材での飲食が楽しめます。

 

巨大アップルパイ実演販売

9月23日(日)11:00頃に販売します。

弘前市はりんご生産量が約16万トン、全国の生産量の約20%も占めている、

「日本一のりんごのまち」です。

巨大アップルパイは、この豊富なりんごをたくさん使って、目の前で実演販売をします。

巨大アップルパイの大きさは、直径約2mと・・・全国どこにもない!?

りんごのまちならではの大きさです。

使用するりんごは栄黄雅(えいこうが)という品質のりんごを煮て、シロップ漬けします。

その数は約400個分使用し、パイ生地に敷並べる際にバター、バニラエッセンス、

ブランデーなどで香りづけします。

また焼き色を美味しく見せるために100個分の卵黄を塗ります。

焼き時間は、約2時間という手間と時間をかけた巨大アップルパイです。

作業工程を見るだけでも見ごたえありますが、味も素晴らしくおいしいです。

一度の焼き上がりで、約400人前ですが、1人前は6.5センチ角のアップルパイを2個

販売していますが、1個でも十分な大きさです、この大きさで手間と時間がかかった

アップルパイは1人前(2個)500円で販売します。

RINGOMUSUME(りんご娘)ライブ

 

9月23日(日)13:00~14:00に開催します。

りんご娘は弘前市を拠点として「cool&country」をコンセプトに農業活性化アイドル

として活動している女性4人組のダンス&ボーカルユニットです。

いわゆる「ご当地アイドル」として県内外で活動しています。

メンバーは王林(リーダー)、とき、ジョナゴールド、彩香で構成され、

名前はすべてりんごの品種が使われています。

トークでは標準語を使用せず、青森県の方言である「津軽弁」を使っています。

アイドルなのに津軽弁というところのギャップが良く、リーダーの王林は

明石家さんまさんの「踊る!さんま御殿!!」に今年7月24日と9月4日の放送に登場し

話題を呼びました。

アイドルとしての活動も盛んで、2016年には愛躍祭~あいどるまつり~で

日本一に輝く成績を残しています。

最近では東京都内のワンマンライブも行うほか、今年8月には

「青森空港アンバサダー」として、その活動を世界へ発信しています。

なお、イベント当日は動画撮影、録音は禁止ですが、彼女らのトーク力、ダンス力、

歌唱力は見ごたえがあり、また見たくなる存在です。

まとめ

りんご感謝祭は2日間と短いイベントとなりますが、期間中はりんご一色の

イベントとなってます。

ここまで、りんごにこだわったイベントは全国にも例が無いと思います。

また近隣では紅葉も始まってきます。

この秋はりんご公園へ遊びにいきましょう!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。