ミュンヘンクリスマス市 2018 札幌の開催期間と限定グッズと楽しみ方!

スポンサードリンク




北海道札幌市の大通りで行われる冬のイベントです。

正式な名称は「ミュンヘンクリスマス市 in Sapporo」です。

1972年にミュンヘンと札幌市が姉妹都市になったのを記念して

「ミュンヘンクリスマス市 in Sapporo」が開催されるようになりました♪

クリスマスムードを盛り上げてくれるロマンティックな会場で、

大きなクリスマスツリーやイルミネーション、出店もクリスマス一色です。

スポンサードリンク



ミュンヘンクリスマス市 2018 札幌の開催期間と時間

2018年11月22日~12月25日

11:00~21:00

ミュンヘンクリスマス市 2018 アクセス情報

札幌市中央区大通西2丁目(大通公園内)

会場へは地下鉄大通駅から徒歩ですぐに行けます。

会場は遠くからでもすぐにわかるくらいの大規模です。

札幌駅からですと、徒歩10分ほどで着くと思います。

しかし、雪道ですので時間に余裕をもっていた方がいいかもしれません。

スポンサードリンク

また、雪道に慣れてないひとは転ぶと危険なので、札幌駅から大通りまで

直結している地下歩行空間を歩くと雪もなく、寒くもなく、案内も出ているので

わかりやすいですよ^^

車で来場する場合、イベントの駐車場というものはありませんので、

周辺の有料駐車場に停めることになります。

ミュンヘンクリスマス市2018の見どころと楽しみ方

会場では、毎年限定グッズも出るのでぜひゲットしてみてください。

マグカップやポストカード、オーナメントなどさまざまな雑貨があるので、

見ているだけでも楽しいですし、記念に購入するのもいいかもしれません。

おみやげにしても喜ばれそうですし、ポストカードをクリスマスカードとして

送っても喜ばれそうですね。

普段のイベントでは、なかなか見ないロシアの民芸品の人形「マトリョーシカ」

の出店などもありました。

グルメも、普段のお祭りやイベントでよくある定番のメニューではなく、

ミュンヘンクリスマスもいうだけあって、ドイツの料理やお酒など

ここでしか味わえないグルメが充実しています。

雪が降る寒い中で飲むあたたかいホットワインやホットビールは、

もう最高に体も心もあたたまります。

ホットチョコレートなどもあるので、お酒が苦手な方やお子さんも

楽しめると思います。

北海道ならではの雪が、クリスマスをより本格的に演出してくれますが、

寒い場合は飲食ができるテントもありますので、そちらで休憩することもできます。

夜のイメージが、強いミュンヘンクリスマス市ですが、昼間からやっています。

運が良ければサンタさんにも会えます。

みつけたらぜひ一緒に写真を撮ってもらいましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。