ランニング 桜島大会 2018の日程と参加資格とコースの魅力と見所

スポンサードリンク




桜島を毎年冬に走るランニングイベントです。

鹿児島のシンボルでもあり、世界有数の活火山である桜島の溶岩道路を走るイベントで

今年で39回を迎えます。

コースはそれぞれ5キロメートル、10キロメートル、ハーフマラソンの3種類があり、

各自の体力に応じてコースを選ぶことができます。

参加資格は、15歳以上の男女が参加できる約4000人規模の大きなランニングイベント

として知られています。

ランニング愛好者が一同に会し、交流と友情を深めスポーツ振興を図ります。

併せて地域活性化も図ります。

スポンサードリンク



ランニング桜島大会2018の日程

2018年12月2日(日)

※雨天決行となってます。

ランニング桜島大会2018のアクセス情報

大会メイン会場は、「桜島多目的広場」です。

アクセスは、JR鹿児島駅より徒歩8分の桜島桟橋(桜島フェリー発着地)から

フェリーで15分程度。

桜島港下船後、徒歩9分で到着です。

日中は15~20分おきにフェリーが運航してます。

そのため鹿児島市街地からのアクセスも便利で問題ありません。

スポンサードリンク

参加料は4000円です。

公式ホームページはこちらから

ランニング桜島大会2018のコース内容

コースは、溶岩道路と呼ばれる道路で、海側は鹿児島湾や対岸に県庁所在地である

鹿児島市街地を望むことができます。

また、山手には雄大な桜島を間近に見ることができるので、初めての参加者は

驚くことが多いです。

ハーフマラソンの前半は、平坦な海岸沿いの道路です。

防波堤が低いので、目の前はイルカが生息している錦江湾が一望できます。

運がよければ、ランニングの最中にイルカが見られる事もあるようです。

また、溶岩道路の名前の通り、大正時代の桜島大正大噴火の際に流れ出た溶岩が

冷えて固まった溶岩平原の上を走っています。

その為、大小さまざまな変岩奇岩が立ち並び、自然の威力の強大さや

自然による造形美を楽しむことが出来ます。

総じて、コースの景色は変化が富んでいて、楽しみながらランニングを

することができるコースといわれています。

日本ジオパークに認定されている桜島・錦江湾の魅力を体感できます。

さらに、地元の人たちによる郷土料理や、特産品の豪華賞品景品も豊富に

準備されており、地域の人々との交流や、地域振興に一役かっている

イベントでもあります。

そして、ハーフマラソンと10キロメートル走については、号砲から

フィニッシュするまでの記録「グロスタイム」に加え、スタートラインを

通過してからフィニッシュするまでの記録「ネットタイム」も参考記録として

記録証に併記します。

景色も楽しめる桜島ランニングイベントに、ぜひ参加してみませんか?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。