京都の八坂神社のおけら火の意味!大晦日の混雑とおけら詣りの思い出

スポンサードリンク




この「おけら火」祭りは、京都八坂神社の、12月31日に行われるイベントです。

八坂神社では、おけらという火縄を賽銭で買い、下のような「火のお渡しところ」から

いただいた火種をもとに、当時はお米を炊いたら、良い年を越せるという

言い伝えでした。

紅白が終わった頃から出かける人が一番多いので、この時間帯から

お出かけになる場合は身動きが取れないなど、大変な事になるかもしれません!

また、23時からは、川端~東大路の四条通りが歩行者天国になってますが、

かなりの人出となっています。

スポンサードリンク



おけら詣りの思い出

おけら火詣りは、19時半からやっているので、出来るだけ早めに行かれると

いいですよ。

夜の22時ころから出かけ、「年越しの鐘」が清水寺から聞こえてきます。

この時間でも結構人出は多かったです。

夜通しで行われ、二年詣の方も多いです。

このおけら火をもらって、自宅までの約6キロの道のりを徒歩で帰りました。

まさか、おけら火を持ったまま電車に乗ることはできませんから。

スポンサードリンク

夜店も多く、初詣客も多かったので、たいへんな賑わいでした。

また一年のラストを「京都」で迎えられて、とても良い思い出となっています。

冷えた体をお風呂で温め、おけら火は、当時は炊飯が点火式でしたので、

このたね火をもとに、新年のお米をいただきました。

このおけら火をいただいて、網のようになっているおけら火を、

くるくる回しながら家に帰るのですが、これが結構人気行事でした。

ゆく年くる年を、今ではスマホで見ながら、帰られる方も多いのでは

ないでしょうか。

種火をもとに、お米を炊いたり、当時はお風呂も火で沸かせることも可能で

したので、いろんな使い方があったと思います。

このおけら火をライテイングにして、近くの神社仏閣を巡ったり、

初詣をすることが京都では可能です。

いろんなところでも、二年詣でをすることができますが、このおけら火は

八坂神社でいただくものですから、おうちに帰って、何かの家事に役立てるのが

大事かと思います。

何かのアイデアで、このおけら火を保存させておくツールは現在ならあると

思います。

地方の方でも、この「火を保存庫にしまって」おいて、家に持って帰ることが

できる時代です。

こういう楽しみ方でも、良いのではないかと思います。

しかし、他人に迷惑をかけないようにすることは大事です。

この最低限のマナー/エチケットを守れば、京都の初詣では、もっと楽しくなると

思います。

おおみそかの京都では、宿泊が大変かもしれませんが、子供のとき、

親につれていってもらったのが、とてもいい思い出になっています。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。