前橋初市まつり2019の日程と駐車場、無料お祭りバスとだるまの買い方

スポンサードリンク




前橋の年の初め、1月9日に行われるのが初市まつりです。

だるまや縁起物など多くの露店が並び、例年、夜遅くまで多くの人で賑わいます。

初市まつりは、六斎市として日用雑貨や生糸の市が起源といわれています。

1600年代初めから続く伝統ある行事で、別名だるま市とも呼ばれています。

まつりは、前橋市本町の八幡宮境内で、午前10時からの神事と市民から持ち込まれた

古いだるまを供養するお焚きあげが行われます。

10時半頃に八幡宮から市神様の渡御行列が出発し、木遣りや神輿、天狗や大獅子などの

行列が、中心商店街を練り歩き、憩いの広場の仮宮まで行進します。

国道50号の本町通りは完全に交通規制され、中心商店街でだるまや招き猫さまざまな縁起物、

植木などの露店350店あまりが出店します。

スポンサードリンク



前橋初市まつり2019の開催日程と時間

 

開催日:2019年1月9日

開催時間は午前9時から午後11時までです。

だるま販売、催し物は午前10時から午後9時30分までです。

前橋初市まつり2019の会場

会場:国道50号(本町通り)及び中心市街地

電車

アクセスは上越、北陸新幹線高崎駅から乗り換え、両毛線、前橋駅下車し徒歩で

10分程度です。

自動車

車の場合は関越自動車道前橋インターより国道17号前橋方面に5km程度です。

前橋初市まつり駐車場と無料お祭りバス

中心部にはいくつか駐車場があります。

駐車料金は、100から200円/60分のところが多いです。

スポンサードリンク

ヤマダグリーンドーム前橋第6駐車場無料で停車でき、そこから無料お祭りバスが運行

しています。

ヤマダグリーンドーム前橋から、中央商店街に間を約10分おきに往復運行しています。

前橋初市まつりだるまを買うならこの時間帯

前橋三大まつりの一つのため、終日混雑しています。

とくに、だるまや縁起物を販売している国道50号の中央商店街前は、

だるまを購入する人々で動けないほどです。

まつりの開始直後、終了する午後9時ぐらいには空いてきます。

9日が平日の場合は昼間が、比較的空いています。

本町通りなどに露店商がありますが、そこ以外を外せば人はあまりいません。

休憩するには、オリオン通りや千代田通り周辺は混雑していないですし、

店もいくつかありますので、店内に入れば暖かいですし、意外と穴場です。

トイレは、前橋テルサや前橋プラザ元気21など7ヶ所ぐらいはありますが、

人の数に対して数が少ないです。前橋商工会議所ホームページにも掲載されています。

前橋商店街のおすすめグルメ

前橋の商店街に寄ったら食べてほしいのは、パーラーレストランモモヤ

tontonうどんです。

豚肉、卵、野菜が入ったうどんです。

とても美味しいです。

寒い時期には体が暖まります。

寒くなりますが、ビッグパフェもオススメです。

30センチの巨大パフェは二人でシェアしてちょうどいいです。

まつりの時にはなぜか食べたくなります。

まとめ

初市まつりに行ってだるまを買うときは、今持っているサイズより、大きいものを

購入するそうです。

また、値札がありませんので、言い値ではなく、必ず値切りをします。

なので、周りからは値切る声と売り手の声が聞こえています。

外がほとんどですので寒さ対策を万全に、カイロやマフラー、手袋を忘れないでください。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。