顔痩せ方法 簡単に小顔になりたい!二重あごの原因と食べ物の関係!

スポンサードリンク




体が痩せていても、顔がポッチャリしていると太って見られてしまうことがあります。

逆に顎がスッキリして、シャープに見えると健康的に見えます。

自分では、なかなか意識できない部分なので、何かの拍子に

二重あごになっている自分に気づいて…

ショックを受けた人もいるかもしれませんね。

ですが、アゴは3週間あれば見た目もすっきり、

おまけにほうれい線なども、薄くする事が可能なのです。

すっきりしたフェイスラインで印象を良くできるよう、

しっかりケアしていきましょう。

スポンサードリンク



顔痩せ方法 二重あごが気になる!これが原因かも!?

まずは二重あごの原因から探っていきましょう。

顔にも筋肉があるので体と同様、

使っていないと衰えてたれていきます。

それが顕著に出るのが顎なのです。

柔らかいものばかり食べていたり、パソコンやスマホを見るときに

俯いていたり、喋る機会が少ないことも顔についている筋肉の劣化を招きます。

予防やさらなるアゴのたるみを生み出さないために、

パソコンは土台を高くする、

スマホを見るときにうつむかないように目線と同じ高さに持ち上げ

見るように心がけましょう。

簡単なエクササイズとして、

アゴを横に4回

縦に3回突き出して、そのまま大きな声であーと叫んでみてください。

これだけで顔の筋肉のトレーニングができます。

スポンサードリンク

リンパの流れも良くなるので、顔の艶もましてほうれい線が薄くなっていきます。

朝晩のお肌のケアの時やお手洗いにたったタイミングなどで是非試してみてください。

顔痩せ方法は食べ物にも秘策あり!?簡単ですぐできる方法!

前述したように、あまりに柔らかいものばかりを食べすぎると

顔の筋肉が劣化してアゴのたるみの原因になります。

ナッツ類やおしゃぶり昆布などもおすすめですが。

普段の食事の際に良く噛む心がけも大切です。

目安としては一口につき最低30回、50回以上かめると理想的です。

また、咀嚼運動を続けると、脳からセロトニンという

幸福感を感じさせるホルモンがでるので、満腹感もはやくやってきます。

はやく満腹感が得られるので、腹8分目の実践にもつながり、

ダイエットにも有効です。

セロトニンは、咀嚼をし始めてから20分後を目安に紛失され始めます。

その意味でも良く噛んで、食事に時間をかけるのは、体にも良いのです。

また、同じ方の歯だけで噛むと、筋力の偏りにもつながるの

顔のゆがみやアゴのたるみのにも、あまりよくありません。

できるだけ左右の歯を均等に使うようにしましょう。

まとめ

以上のように、二重アゴのほとんどの原因は生活習慣からきています。

加齢による皮膚のたるみも関連していますが、顔も筋肉なので、

意識して使うように心がければ、だいたい3週間ほどで、フェイスラインやアゴ、

ほうれい線や肌質も変化します。

とても簡単なので是非試してみてください!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。