おはぎとぼたもちの違いは?関東と関西で呼び方が違うだけ?実は同じ?

スポンサードリンク




「おはぎ」って美味しいですよね。

和菓子はダイエット中も、食べられるお菓子として注目されていますね。

あんこに使う小豆は、健康にも良いのでおすすめです。

「おはぎ」はお彼岸になると、和菓子屋さんでもスーパーでもよく見かけますよね。

でも、「ぼたもち」と言うところもあるみたいです。

同じもののように見えるけど、どこか違うのかしら?

その疑問にお答えしましょう。

スポンサードリンク



おはぎやぼたもち関東と関西で呼び方が違うって本当理由は?

「おはぎ」や「ぼたもち」は、お餅をあんこでくるんでできていますけど、

春に食べるのが「ぼたもち」で、秋に食べるのが「おはぎ」と呼ばれたようです。

春は牡丹の花に見立てて、牡丹餅。

それが、「ぼたもち」と呼ばれるようになったのですって。

だから、やや大きめに作るようですね。

秋には萩の花に似せて作るのでお萩。

そこで、「おはぎ」は小さめだったのですって。

季節によっても呼び方が違って、夏には「夜船、」冬には「北窓」と呼ぶところも

ありますね。

関西では「ぼたもち」も「おはぎ」というところがあります。

関東でも「おはぎ」と「ぼたもち」を区別せずに「おはぎ」と呼んでいるところも

多くなっているようです。

おはぎとぼたもちこしあんつぶあん?正解はどっち!?

スポンサードリンク

「おはぎ」も「ぼたもち」も食材は同じですが、に作る「おはぎは」、

小豆の収穫時期だったので、とれたての小豆を茹でてやわらかい皮も使って、

粒あんにしてお餅をくるんだことから、粒あんを使うのが普通だったのですね。

「ぼたもち」は秋に採れた小豆を使うために、豆の皮が固いのでこしあんにして、

作ったのが始まりだったようです。

だから今でも「ぼたもち」はこしあんということになっています。

でも今は保存法が良くなって、一年中良い小豆が手に入るので、あまり厳密に

区別しなくなりました。

こしあんのおはぎが好きな人もたくさんいますしね。

あんこだけでなく、きなこやごまをまぶすところもあるそうですよ。

関西では青のりをまぶすところもあるのですって。

ちょっとびっくりですね。

まとめ

 

今は「おはぎ」も「ぼたもち」も、あまり変わりがなくなりましたね。

最初は春に作るのが「ぼたもち」で大きめのこしあん。

秋に作るのが「おはぎ」で、小さめの粒あんだったようですね。

牡丹の花や萩の花を思い浮かべながら美味しい「おはぎ」、

「ぼたもち」を味わってみるのも、またいいですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。