お中元に現金はマナー違反!?失礼にあたる場合はどうすればいい!?

スポンサードリンク




新社会人になって、1年目を迎えた人からすると、お中元は夏の贈り物程度の

認識でしょうか?

何を送ったら良いかわからない!

商品よりも現金の方が無難かも?

のしって必要?書き方は?

いろんな疑問をお持ちでしょう。

お中元として現金を送るのはマナーとしてはどうなのか?

送る相手に対して、失礼のないよう一般的なマナーも知りたいですよね。

お中元を送ったり、渡すときのマナーなどのポイントもご紹介します。

スポンサードリンク



お中元で現金の渡し方!相手によってはマナー違反になる?

お中元を送る場合や、手渡しの場合も一般的なマナーがあります。

まず、お中元の品物を選ぶ際、どんな物をが良いか悩みますよね。

そんな時は、誰に対して送るものかを考えてみるのがおすすめです。

相手の好みがわからない場合は、その方が結婚しているか?

それとも独身なのかも判断材料のひとつになります。

商品を購入する際に、店員さんに送る相手の情報を伝えて、商品を選んでもらう

のもひとつの手だと思いますよ。

お中元には商品よりも、手間がかからず現金が無難なように思いませんか?

ですが、現金は相手にもよりますが、一般的には送るべきものではないようです。

スポンサードリンク

特に、現金を送る相手の方が、目上の方ならば、現金という形で送るのは失礼にあたりますので、辞めた方が良いようです。

ただし、子供の塾や習い事の先生に対しては、商品だとかえって迷惑になりかねませんよね。

そんな場合は、現金の方が望ましいかもしれません。

商品以外なら、現金ではなく商品券などの金券にして送るという方法もあります。

ですが、金券であっても受け取る相手によっては、金券=現金と同じと考える人もいます。

送る相手によっては、失礼になることもあるので気を付けるとよいでしょう。

金券で送りたいけど、不安がある場合は、お菓子なども一緒に送るのが良いようですよ。

お中に現金を渡す場合のしは必要?書き方は?

お中元に、現金を送る場合のポイントは、現金の場合はのし袋を使います。

一般的なのし袋の書き方をご紹介します。

そして、「のし袋」の書き方はというと、のしというのはちょうど紙の真ん中を上下に分けるように1本の線が入っています。

その線にも名前がついていて、「水引(みずひ)き」で、その上に絵柄がついています。

その絵柄が、「のし」という名前で、その左隣でちょうどリボン状になっている水引きの真ん中が「表書き」です。

ちょうど、表書きの真下になっている部分が「名入れ」です。

書く必要がある部分は、表書きと名入れになります。

表書きは今回はお中元なので、「お礼」か「御中元」のどちらでも大丈夫です。

最初は個人の名前で送るのならば、名字と下の名前を書くというのが一般的です。

まとめ

お中元を送る場合や、手渡しをする場合にも一般的なマナーがあります。

マナーを知らずに送った場合、相手に失礼にあたることがあるので気を付けましょう。

現金を送る場合は、特に注意が必要です。

現金を送るのは、子供の塾や習い事の先生だけにとどめた方が無難かもしれません。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。