エスカレーターのマナー!女性が上?エスコート次第でモテ男になれる

スポンサードリンク




日本には、さまざまなマナーがありますよね。

実は、エスカレーターにもマナーがあるということをご存知でしたか?

ある調査によると、「デート中にエスカレーターに立つ順番が気になる」と

40%超の人が答えたそうです。

今回は、エスカレーターの立つ位置についてのマナーと、関東と関西での

マナーの違いについてまとめてみました。

スポンサードリンク



エスカレーターのマナー男女の場合!立ち位置に決まりはある?

まずは、男女でエスカレーターに乗るときのマナーについて、調べてみました。

男女でエスカレーターに乗るときには、昇りでは男性が下(後に乗る)で女性が上、

降りも男性が下(先に乗る)で女性が上に乗るのが、一般的なマナーだと

されています。

このようなエスカレーターのマナーができたのには、理由があります。

1つ目の理由は、女性のほうがハイヒールやピンヒールなどを履いていて

バランスを崩してしまうことがあるため、男性が女性を転倒などから守りやすい

ようにするためです。

2つ目の理由は、女性がスカートを下から覗かれてしまうことを防ぐためとも

言われています。

スポンサードリンク

エスカレーターのマナー関東関西の立ち位置の違い!?

エスカレーターに乗るとき、関東では左側に立つ、関西では右側で立つ

というのが、一般的なマナーとなっているようです。

しかし、関西でも右側に立つことが多いのは、圧倒的に大阪だそうです。

京都でも、基本的にはエスカレーターでは、右側に立つ習慣があるようですが、

先頭の人が左側に立てば、自然と後ろの人は、左側で立つようになります。

また、エスカレーターで、右側で立つ習慣を持つ最北端は、兵庫県の姫路だと

言われています。

なぜ大阪では、エスカレーターの右側に立つ習慣が、生まれたのでしょうか?

考えられる理由は2つあります。

1. 一時期阪急電鉄のアナウンスで、エスカレーターは、右側に立つよう則する

アナウンスが流れていた。

2. 大阪万博で、交通安全を徹底するために、大阪のルールを定着させようとした。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、エスカレーターに乗る際の男女の乗る順番のマナーと、関東と関西の

エスカレーター上での立ち位置の違いについてまとめてみました。

驚いたことに、エスカレーターに乗るときの順番を気にする方は40%以上

いるようです。

昇りのエスカレーターでは、男性が下で女性が前、降りでも男性が、

下で女性が上というマナーができたのには、きちんとした理由があるようですね。

デートのときには、是非気を付けてください。

関東と関西のエスカレーター上での立ち位置では、関東(関西以外)では

左側に立つことが一般的、関西の特に大阪では右側に立つことが一般的だと

いうことが分かりました。

困ったことに、京都など一部の地域では、先頭の人がどちら側に立つかで

そのエスカレーターのどちら側に立つかが決まってしまうようです。

エスカレーターのどちら側に立つべきか迷ってしまった場合には、

先頭の人や自分よりも先に乗っている人が、どちら側に立っているかで

判断しましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。