ジューンブライドの離婚率と本当の意味!?失敗する前に知りたい!

スポンサードリンク




ジューンブライドは、一般天気には縁起が良いって聞きますね。

でも逆説では、意外と離婚率が高いとも!?

真っ白な花嫁衣装を着て、ガーデンパーティーなんて、女性なら誰でも

憧れます。

でもどうして6月の結婚は縁起が良いのか?

その理由を知っている人は、あまりいないようです。

それに日本では6月は梅雨時だから、つい最近まであまり結婚式は、

しないものとされていました。

それなのにどうして?と気になりませんか?

私はとても気になります!

なぜ6月の結婚は縁起が良いのか?

いつから日本でもジューンブライドが広まったのか?

について詳しく調べてみました。

スポンサードリンク



ジューンブライドの3つの説!あなたはいくつ知ってますか?

ジューンブライドの由来はいくつかあります。

1. ローマ神話の結婚の女神「JUNO」のつかさどる月である6月に結婚すると

一生涯幸せになれるという言い伝えがあるという説。

2. ヨーロッパの6月は、雨が少なく気候が良く、復活祭もある6月は

最も花嫁が幸せになれるという言い伝えがあるという説。

3. ヨーロッパでは、農業の妨げになるため3月~5月は結婚が禁止されていたので、

それが解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが急増、多くの人から祝福された花嫁は

スポンサードリンク

幸せになれるという言い伝えがあるようです。

色々な意味で6月の結婚は、本人も周りの人たちにも都合が良く

幸せな新生活のスタートに最適だったのでしょうね。

日本でジューンブライドに結婚したい人が増えたワケとは?

その昔、カナダ人の宣教師が日本で結婚式を挙げた時、

ジューンブライドがいいと思って6月に結婚式をあげました。

当時は、暑い時期なのにクーラーはなく、夏用のスーツもなく

雨がひどくて窓も開けられず、汗だくにまってしまいました。

そんな状態でしたから、日本で6月の梅雨時期に結婚式を挙げる

カップルは少なく、会場になるホテルは困っていました。

その後、空調設備が良なってから、日本でもジューンブライドが、

認知されるようになりました。

ホテルの支配人からの「ヨーロッパには、ジューンブライドは幸せになれる

という言い伝えがありますよ」という宣伝効果もあったようです。

せっかくなら縁起の良い6月に結婚式

をしようというカップルも多くなっています。

費用も安く、予約も取りやすい6月の挙式

いいかもしれません。

その上幸せになれるのなら最高ですね ^^

まとめ

ジューンブライドは、6月の結婚は縁起が良いという

ヨーロッパの言い伝えに基づくもののようです。

ちなみに、ジューンブライドに結婚すると離婚率が高い!?と

いう根拠は全くないようです。

日本でも、空調問題が解決したので、6月の結婚式もはおすすめです。

新しいカップルが、みんなの祝福を受けて、

幸せになれるならこんな嬉しいことはありません。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。