仏壇の花を長持ちさせる!仏花の意味とお正月にふさわしい花の選び方!

スポンサードリンク




仏壇は、先祖から子孫へと受け継がれていくもので

仏壇に供える仏花(ぶっか)は、仏様を敬う気持ちの表れです。

毎日、新鮮な切り花をお供えしたいものです。

でも毎日となると、経済的にも精神的にもゆとりがなくなってしまいます。

アイディアが2つあります。

切り花を長持ちさせるポイントを実践すること。

もうひとつは、特別な日に切り花にし、それ以外は造花で対応することです。

何よりも、仏様を想う気持ちが大切です。

毎日無理して切り花を飾るより、無理せずできる方法を続けた方が良いですよ(^^)

スポンサードリンク



仏壇の花は造花でも!?仏花に込められた意味とは?

仏壇やお墓に供える花を仏花と呼びます。

基本的には、同じ種類の仏花を用意し、両脇にある花差しや花瓶に活けます。

本来仏花は、切り花が好ましいです。

なぜなら仏花には、私達に生きることの儚さを教える役目があるためです。

生命のあるものは、いつかは必ず滅びることを知ることで

生命の大切さを学ぶことができます。

仏花には、そのような意味があるため、造花より切り花の方が正式です。

でも毎日となると、経済的にお金がかかりすぎるというデメリットがあります。

そこで、少しでも切り花を長持ちさせるポイントをご紹介します。

①毎日花瓶や花差しの水を交換する。

花が長持ちしない原因は、水に雑菌がわくことで、茎が腐れてしまうためです。

毎日水を交換する時に、花瓶や花差しの内側も、スポンジで洗うのをお忘れなく!

触るとかなりぬるぬるしていますよ(^-^;

茎も水道水で洗い流しましょう。

②適度に「切り戻し」をする。

2~3日に一度、水中で茎を1cm程度カットします。

こうすることで、水を吸い上げる力が復活します。

カットするハサミは、よく切れるものでないとカットした部分が、

潰れてしまい逆効果です。

③花瓶や花差しの水は3~5cm程度がベスト。

イメージとしては、水は多い方が花には良さそうです。

でも実は逆で、水にたっぷり浸かりすぎると根腐れしやすいのです。

水の入れすぎには注意ですよ~

スポンサードリンク

仏壇の花の正月にふさわしい飾りつけと選び方をご紹介!

その他に時期により切り花と造花を使い分けるアイディアもあります。

お盆や法事、お正月など特別な日には切り花、

それ以外は、造花と決めておくと、精神的にもかなり楽になります。

今回は、お正月にふさわしい仏壇飾りや、仏花の選び方を紹介したいと思います。

普段仏壇に飾る花は、棘のあるものは避けるのがマナーです。

でもお正月は、南天の実で飾りつけた松を仏花としてお供えします。

南天の実には、厄除けの意味があり松を飾ることで、仏様に無事にお正月を

迎えられた感謝を伝えます。

その他にお正月用の飾り鏡餅をお供えし、お正月らしい打ち敷きを掛けます。

まとめ

いかがでしたか?

仏花は、ご先祖様を大切に想う気持ちの表れです。

無理のないやり方で、仏花を仏壇に毎日お供えするようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。