話が弾む異性は相性がいい?恋愛に発展も?話が弾むマル秘テクニック!

スポンサードリンク




 社会人になると、学生の頃より色んな世代の人と話す機会が増えます。

人見知りだと、いったいどうやったら話が弾むのか全然わからない!

と悩むことも珍しくありません。

職場関係を良くするためにも、話を弾ませる方法や、

いい相性があるのかは気になるところですよね。

そこで話が弾む人と、そうでない人の違い相性について

まとめてみました。

スポンサードリンク



話が弾む人とそうでない人の違いは?話しやすいのは共通点!?

「この人となら話しやすい」と感じる時は、何か共通点があることが多いです。

たとえば同性や同年代、趣味、出身地、出身校などです。

その一方、共通点が無くても誰とでも話が弾む人もいます。

誰とでも話が弾む人とそうでない人では、以下のような違いがあります。

◆相手への興味があるか

話し相手への興味があると、それだけで話の内容も面白く感じてきますよね。

興味を持っていれば共通点がなくても、疑問やもっと聞きたいことが生まれ、

話題が尽きて困ってしまうこともなくなります。

なかなか難しいという方は、ふだんから周囲に気を配り、

関心を持つように意識してみましょう。

◆話が一方通行になっていないか

一方通行的な話し方は、聞く側も話す側もあまり気持ちいいものではありません。

自分だけ話していて話が弾まない…という人は、

相手の話も聞くように意識してみましょう。

また、「はい」「いいえ」といった相づちだけ返していると

話が一方通行になりがちです。

口下手でうまい返事ができないという人は、

相手の言葉を繰り返してみる「オウム返し」を実践してみるのも良いですよ。

スポンサードリンク

◆緊張しすぎていないか

「うまく話さなきゃ」と思うとかえって緊張してしまった、

なんてことは結構ある体験ではないでしょうか。

相手に緊張が伝わると、ぎこちない会話になってしまうだけでなく、

話の内容が、あまり入って来ない原因にもなります。

それを防ぐためにも、会話で失敗しないかより

相手は何を話したがっているのか考えてみましょう。

少しくらい言い間違えても大丈夫だと思うと必要以上に

緊張しづらくなりますよ。

◆会話以外の仕草があるか

話が弾んでいても、他のしぐさや表情で相手の持つ印象は変わります。

たとえば、何か作業していたり、仏頂面で返事をしていたりすると

「ちゃんと聞いているのかな」「つまらないかな」

と不安に感じてしまいます。

そうなってしまうと、だんだん話も弾まなくなってしまいますよね。

笑顔やうなずきを取り入れて、「あなたの話をしっかり聞いている」

という姿勢を心掛けてみてください。

話が弾むと恋愛に発展する!?そうでない場合は絶望的!?

異性と話が弾むと、同性と話すのとは違った楽しさがありますよね。

そこから恋愛感情が芽生えることも、めずらしくありません。

話が弾むということは、相手も良い印象を抱いていることが多く、

恋愛に発展する可能性も大きいといえます。

しかし、話が弾んだことで必ず恋愛に発展し、

恋人同士の関係になるかというと必ずしもそうではありません。

なぜなら、恋愛は相手への好感度が最も大事で、

話が弾む・弾まないは、二の次だからです。

もしこれから恋愛に発展させたいと思ったら、

会話以外の駆け引きや、恋人としてふさわしくなれる努力が

必要となります。

話が弾んでいるのは意気投合しているか、心を開いている証拠の一つですので、

気になる異性がいるならアプローチを工夫してみましょう。

残念なことに恋愛に発展しなくても、

友人として良い関係を築けるチャンスでもありますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ちょっとした工夫で話は弾ませることができます。

最初は家族や友人との会話で試して、少しづつ慣れていくと良いでしょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。