【派遣の退職トラブル】円満転職するためにはどうすれば良い?

スポンサードリンク




派遣社員として働いているときでも、仕事のことに関して悩みを抱えてしまうことが

ありますよね。

派遣社員で、派遣先の会社を辞めたいと感じてしまう場合は、正社員と異なる手続き

対応が必要になる場合があります。

今回は、派遣先の会社を円満に退職するために必要なことに関して調べてみました。

派遣先で悩んでいる方は、是非参考にしてください。

スポンサードリンク



派遣退職手続き】辞める前に知っておくべきポイント

派遣先の会社を退職したいと考えている場合は、派遣先の会社や派遣元の会社に

迷惑をかけないように注意しなくてはいけません。

派遣先の会社を円満に退職するためには、まずは派遣元の会社の担当者に、

退職をしたいという旨を話すことが大切です。

退職をしたいという旨を話すタイミングは、早ければ早いほど良いのですが、

遅くとも、1か月前には話をしておく必要があります。

派遣元の会社で退職する日が確定したら、派遣元の会社があなたの

派遣先の会社に連絡をとり、退職の旨を伝えてくれます。

その後派遣先の会社から、退職に関する手続きの指示を得ることができるので、

それにしたがって退職の準備を進めましょう。

会社によって、離職票の発行手続きが異なる場合があるので、

離職票はどのようにして自分に届くのか、確認しておくとさらに退職手続きを

スムーズに進めることができます。

退職する前には菓子折りなどを渡すと、円満に派遣先の会社を退職することが

できるので、派遣先の会社に感謝の気持ちを伝えるためにも菓子折りを

スポンサードリンク

用意しましょう。

派遣退職契約途中で辞める場合!退職理由や注意点!

上の段落で紹介したように、円満に退職できることが一番良いですが、

どうしても、すぐに派遣先の会社を辞めたい!という場合には

別の方法を取らなくてはいけません。

そして、派遣社員と正社員には退職したいという旨を伝えなくてはならない

時期に、違いがあるということを知っておきましょう。

・派遣社員で会社を退職したい場合、1か月前には派遣会社に

伝えておかなくてはならない

正社員では、2週間前に伝えていれば大丈夫、という場合もありますが、

派遣社員の場合はそうはいけません。

派遣社員というのは、派遣会社と別の会社が契約を結んで働いている

社員です。

そのため、正社員よりも早く連絡をすることが派遣先の会社にも、

派遣元の会社にも迷惑をかけないようにするために必要になります。

できれば、退職したいという旨を伝えてから、1か月ほど前には

派遣元の会社に伝えて、円満な手続きが行えるようにしましょう。

・どうしても早く辞めたい場合は、辞める理由を考える

それでも何とかして、早く退職したいという場合は、会社側に納得してもらえる

理由を付けて退職交渉をすると良いです。

契約途中での退職を希望する場合は、直接担当者に会って退職希望の理由と

退職したいという旨を伝えることが、この場合では一番丁寧な辞め方になります。

退職の理由としては、自分の体調不良家庭の事情などが

受け入れられやすい理由です。

間違っても、派遣先の会社を悪く言うことは避けましょう。

まとめ

派遣社員で派遣先の会社を辞めたいと考えている場合は、正社員とは異なる

手続きが必要になる場合があります。

退職をしたいという話は、派遣先の会社よりも「派遣元の会社」の方に

相談をするようにすることが大切です。

そして、派遣先の会社にも派遣元の会社にも迷惑をかからないような

円満な退職方法をできるかぎり考えるようにしてください。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。