退職理由で上司を納得させる伝え方!人間関係が原因と言って良いもの?

スポンサードリンク




終身雇用が崩壊した現代、会社を退職する経験は、誰にでもあると思います。

家業を継ぐ為に、努めている会社を辞めなければならなくなったり、

給料が下がったり、ノルマがきつかったり、上司からのパワハラなど理由はさまざまです。

ですが、生活していくために、働かなければならず、次の職場を早く探す必要があります。

そんな時、履歴書に書く退職理由はどう書いたら良いのでしょうか?

正直に書いて良いのか迷いますよね?

そこで、退職理由に関する事あれこれをご紹介します。

スポンサードリンク



退職理由を履歴書に書く場合に気を付けたいポイントとは!?

新しい職場を探し、就活の履歴書の退職理由をどう書いて良いものなのかどうか

悩みますね。

退職理由によっては、次の会社に与える印象も悪くなってしまうし、かといって

嘘をかくと、後でバレたりしないのか!?

これも、心配になりますよね。

それなら、どうやって書いたら良いのか?

履歴書に書く退職理由について考えてみましょう!

☆ 退職で多い理由とは?

退職すると言う事は、大なり小なりの理由があるかと思います。

休みか無いとかサービス残業がひどいなど人によって理由は様々だと思いますが

一般的には、どんな理由が多いのか?

◯ 人間関係

退職理由で一番多いのが、人間関係だと言われています。

責任を取る立場にいる上司がミスを部下に押し付けてくる事や、パワハラ、

同僚とのトラブルなど多くあげられます。

どこの会社にも嫌な上司や合わない同僚はいるものです。

◯ 給料関係

次に多い理由としては給料

募集時の内容と実際に入社してからの給与に違いがありすぎたり賞与がカット

された減給されたなど給料の関係は大きな理由です。

生活する為には稼がなければならないのに仕事量が増えても給料が下がるのでは

働いてる意味がありませんからね。

◯ キャリアアップの為

前向きな転職理由としてあげられるのが、キャリアアップです。

スポンサードリンク

現在の職務経歴や、経験を生かして今よりもさらに上を目指して、

離職する場合もあります。

◯ 他の職に就きたい

何気なく、就活して内定をもらったから働いていたなんて人に多く、

実際に入社してから自分には合わない、思ってた業種とは違う、

別な職に就きたいなどが理由で離職をする事が多いです。

◯ 休みが少ない

休みが少ないのも、離職に繋がる原因の1つですよね?

社内規定では日曜・祝日が休みとなっていても、休日出勤しないと間に合わない

などの理由で休みが少なくなってしまう会社もあります。

☆ 退職理由を書く時に注意する事

履歴書に書く退職理由は本当に悩むものです。

本音を書いたら良いのか…

どんな理由であっても、一身上の都合で良いのか…

そこで退職理由を書く時にどの様に書いたら良いのか調べてみました。

◯ 一身上の都合により退社

自己都合退職などは『一身上の都合により退社』で問題はありません。

自分勝手な都合でも、別の理由があった退社でも使える便利な言葉です。

◯ 任期満了につき退社

期間契約などの職の場合は、任期満了で終わってしまいます。

そんな場合は『任期満了につき退社』で問題ありません。

◯ 会社都合により退社

会社から解雇されたり、倒産してしまった場合などは『会社都合により退社』

と書きます。

働きたくても、会社都合ですので仕方ありません。

退職理由人間関係正直に言うべき?それとも…

退職理由が一身上の都合や任期満了、会社都合で書く事が一般的ですが、

実際には人間関係がうまくいかず、退職したことを正直に言って良いのか?

気になりますよね?

新しい会社に変わっても、また人間関係でギクシャクしたら、同じことの

繰り返しになってしまいます。

人間関係で退職した事を話す場合は、ネガティブな理由は避けた方が良いでしょう。

本当の理由も大切ですが、建前も必要です。

もし雇う側の立場だった場合、人間関係がうまくいかず、それが理由で辞めましたなんて人がいたら少し考えてしまいますよね?

その場合は、出来るだけ、ネガティブな理由は避けて書くようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

履歴書に退職理由を書く事がありますが、正直には書かない事をおすすめします。

退職している職歴が、多くなればなるほどあなたの印象も悪くなってしまいます。

出来るだけネガティブな退職理由を避けるのが良いでしょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。