診断書郵送の添え状 送付状は手書き?縦書き?休職延長の書き方と例文

スポンサードリンク




添え状とは、ファックスや郵便物を送る時に添える文章です。

送付状・挨拶状・送り状・カバーレターと呼ばれることもあります。

病気やケガで会社を休む時に、必要な診断書や履歴書、職務経歴書など

送る時にも用意する必要があります。

添え状には、まずあなたについての情報や、挨拶などを書きます。

封筒を開けた時に、書類だけしか入ってないと社会人として、

マナーがないと思われていますよ。

診断書の添え状は、手書きの方が良いのか?休職延長の場合は郵送で良いのか?

などの質問に答えます。

また、診断書の添え状に使える文章例もご紹介します。

診断書の添え状で悩んでいる人は、必読の内容です。

スポンサードリンク



診断書の添え状は手書きが良い?送付状の必須ポイントとは?

診断書の添え状は「いつ・誰から・誰に・どんな書類が何枚送付されたのか」を

封筒を開けた人に伝えるものです。

手書きでもパソコンでも、マナー違反にはなりません。

診断書を提出する際の添え状に、記載しなければならないポイントについて

まとめました。

①日付

②会社名 所属課 担当者氏名

③自分の名前

④書類の名称と枚数

診断書の添え状に使える文章例をご紹介します。

あなたの状況に合わせて、文章をアレンジしてくださいね。

ありきたりなテンプレートが、たくさんありますが、自分の言葉で伝える方が、

心のこもった文章になります。

文章例

平成28年 5月1日

○□会社

総務部 人事課

山崎 賢二様

北川 景太

送付状

この度は私の怪我により大変ご迷惑をおかけしています。

大変申し訳ございません。診断書を同封させていただきます。

スポンサードリンク

現在手術も無事に終わり以前のように働くために、リハビリに毎日励んでおります。

○○課の皆様にもよろしくお願い申し上げます。

診断書1通

診断書に添え状は必要、休職延長の場合は郵送で良い?縦書き?横書き?

診断書に添え状を送るのは、社会人のマナーですので、書き忘れないようにしましょう。

添え状を書く目的は、大きく2つあります。

①いつ誰が誰に何の書類を何枚送付したのかを明確にするため。
②会社を休んでいることに対するお詫びの気持ちを伝えるため。

休職延長のために、診断書を送る場合は、郵送で構いません。

怪我や病気で休職しているため、無理して書類を手渡しする必要はありません。

ただし、会社には1日に大量の郵便物が届くため、封筒に診断書1枚では

開封した人に手間を取らせ、迷惑をかけることになります。

迷惑をかけないためににも、添え状は必須となります。

また挨拶や、近況を添えることで、受け取る人の気持ちも違ってきます。

診断書1枚では「添え状くらい書けよな」と内心で思われても、仕方ありません。

自分が休んでいる間に、迷惑をかける上司や同僚に、誠意を見せるためにも

挨拶文は添えましょう。

また、添え状は縦書き、横書きでもどちらでも構いません。

まとめ

いかがでしたか?

診断書の添え状は、単なる挨拶ではなく受け取った人に、余計な手間を

取らせないためにも同封するものです。

手書きで郵送でも、何の問題もありません。

近況などを詳しく書いておくと、より丁寧な印象を与えます。

最後までお読みいただきありがとうございました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。